[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「内外に武器ができた新クローザー後藤」

スポーツコミュニケーションズ

NPBスカウトにも進化アピール

 次なる課題は速い変化球を身につけること。現状は遅いスラーブのみで、ストレートと球速が変わらないカットボールやスプリットを勉強してもらっています。カットボールに関しては、まだ精度が低いものの、これから練習すればモノにできそうです。

 ここまでの実戦では緊張でコントロールを乱したり、打ち込まれたりと“洗礼”を浴びています。ただ、これも勉強です。今後も中継ぎでどんどん投げさせて、勝負どころの夏場に一皮むけることを期待しています。

 現状、先発ローテーションは寺田と渡辺靖彬、そして新外国人の3人を軸にする構想です。そして、昨季までのクローザー酒井大介は先発か中継ぎに配置転換をします。新しい抑えは左腕の後藤真人に任せる予定です。

佛教大では中日・大野と同期。天理高時代は甲子園にも出場経験のある後藤。

 後藤は一冬で素晴らしい成長を遂げました。昨季は前期、セットアッパーとしてフル回転しながら、後期は疲労で調子を崩し、肩も痛めて戦線離脱を余儀なくされました。その悔しさがあったのでしょう。オフにいいトレーニングを積んで、腰回りがグッと大きくなりました。

 土台がしっかりすれば、当然、安定感は増します。今は左右のバッター問わず、内外にきっちり投げ分けることができていますからNPBのスカウトにも進化をアピールできるはずです。

 左バッターの内にはストレート、外にはスライダー、右バッターの内にはクロスファイア、外にはツーシームとチェンジアップ……。後藤には、それぞれのコースで基本となる武器ができました。左、かつサイドスローのピッチャーはNPBでも少ないタイプ。あとはシーズンで内容が伴った結果を出してほしいものです。