二宮清純「独立リーガーよ、木田、ラミレスを“養分”にして羽ばたけ!」

二宮 清純 プロフィール

ベテランは「生ける教材」

 独立リーグの関係者の中には、木田投手やラミレス選手のようなNPBを自由契約になったオールドタイマーがプレーすることに対し、これを疑問視する者もいます。ある球団の監督は「独立リーグがマスターズリーグ化している」とボヤいていました。石毛さんの言葉を借りれば、「夢に賭ける若者」が主役であるべきだとの考えです。

 基本的には、そうあるべきでしょう。社会人企業チームが激減した今、NPB志望者の受け皿として独立リーグが果たすべき役割は小さくありません。

 独立リーグが「花壇」であるなら、誰かが水を撒き、肥料をやらなければなりません。木田投手やラミレス選手のプレーや練習法はNPBを目指す若い選手たちにとって、何よりの手本となるに違いありません。結果として、彼らの存在こそが「水」や「肥料」となるのです。

 石川の端保聡球団社長は、木田投手を「生ける教材」と評していました。群馬においてはラミレス選手が同じ役割を期待されています。独立リーグの「若芽」には、彼らの「養分」を吸い取れるだけ吸い取ってもらいたいものです。またベテランにとっても、それは本望でしょう。