[BCリーグ]
石川・山出芳敬コーチ「個々の選手育成がチーム力に」

スポーツコミュニケーションズ

目標見つけた谷口への期待

 さて昨季、成長を見せてくれたのは、石突廣彦(遊学館高-城西大-群馬ダイヤモンドペガサス)です。石突はシーズンでは打率1割台でした。当たれば長打が期待できる打者ですが、低めのボール球を振ってしまったりと、三振が多かったのです。しかし、ストライクゾーンに来た球をしっかりと打てるように、腰の据わったスイングへの修正に取り組んだところ、シーズン終盤から結果を残すようになり、北陸地区チャンピオンシップからのプレーオフでは3割近くの打率を残しました。今季はレギュラーシーズンから活躍してくれることを期待しています。

 一方、今季の飛躍が楽しみなのが、谷口貴之(遊学館高-06BULLS)です。彼はもともと高い素質を持った選手です。特に守備ではチームに大きく貢献してくれました。その谷口が昨季以上にやる気を出しています。その理由は昨季、グランドチャンピオンシップで対戦した徳島インディゴソックスの内野手、東弘明選手がオリックスに育成1位で指名を受けたことにあります。

 東選手と谷口は、非常にプレースタイルが似ているのです。東選手にはまだ劣っている部分があるものの、自分のスタイルでもNPBに行くことができることが示されたことで、谷口に目標ができたのです。今季は走攻守において、本来持っているスピードをいかしたプレーでアピールしてほしいと思っています。

 今季は、連覇はもちろん、それ以上にひとりでも多くの選手をNPBに送り出したいと考えています。これは森慎二監督、そして今季からGMを兼任する木田優夫さんも含めたチームの方針です。特に木田さんは「ここにいるのは、BCリーグで活躍するためではなく、NPBに行くため」という意識を常に持っており、その木田さんが身近にいることで、他の選手も高い意識を持つようになっています。

 もちろんチームの勝利をおろそかに考えているわけではありません。ひとりでも多く、NPBに行けるような選手を育てることができれば、ひいてはそれこそが大きなチーム力になるのです。逆にチーム力ばかりを追っていては、選手個々が小さくまとまってしまいます。それでは本末転倒です。今季はどれだけNPBに輩出することができるか。それがミリオンスターズのチーム力につながるはずです。

<山出芳敬(やまで・よしたか)>:石川ミリオンスターズコーチ
1983年4月3日、石川県出身。星陵高校、京都学園大学出身。卒業後は茨城ゴールデンゴールズに所属した。リーグ初年度の2007年、石川に入団。2年間、全試合に出場した。1年目の07年には全72試合に出場し、打率3割1分6厘、打点34、盗塁8(ベスト10)をマーク。チームの優勝に大きく貢献した。08年限りで現役引退し、09年よりコーチに就任した。
編集部からのお知らせ!