現役時代と同じ感覚でいたら大間違い 定年後に襲いかかる「保険金ビンボー」の罠

完全保存版 いらない生命保険、怖い医療保険、ムダな介護保険【第1部】
週刊現代 プロフィール

ご主人の保険1本と、それとは全く別に入っていた奥さんの定期保険1本が最もムダだとわかったので、その2本を解約してもらっただけでも、毎月2万円の保険料が節約できました。

ひとつひとつの商品は決して悪いものではなくても、何種類も重なると入り過ぎとなります。必要のないムダな保険に入っているサラリーマンは決して少なくないんですよ」

高額保障は不要

前出の藤川氏もまた、「勧められるままに掛け過ぎてしまうことは、ダメな保険の加入の仕方」として、医療保険についてこう語る。

「50代後半の人で、医療保険に入っていない場合は、医療保険の負担と受益のバランスが悪くなるので、加入する考えを捨ててもらい、貯蓄を提案することもあります。必要なおカネの準備の仕方として一番良いのは、本当は保険ではなく、どんな用途にでも使える貯蓄なんです。

ただし、保険料としてなら支払えるが、貯蓄には自信がないという人がいるので、そういう50代後半の方には医療保険への加入を勧めます。医療保険の場合、保険料は月1万円以内に収めるとよいでしょう」

年齢とともに生命保険の必要性はどんどん減っていくのに対して、逆に必要性が高まるのが医療保険である。病気やケガによる手術や入院に備えるもので、通常の健康保険だけでは不十分なところをカバーするための保険だ。

前出の横山氏もやはり、医療保険へ加入すべきかどうかは貯蓄の程度で決まると述べる。

「医療保険には加入せず、150万円程度を医療費のために貯蓄している人がいますが、高額な保険料が割に合わないと判断した場合、そんなやり方も選択肢に入れるべきでしょう。

逆に貯蓄がほとんどない人が60歳や65歳でリタイアする場合はどうすべきかというと、これは医療保険に入るべきです。おカネがない人ほど、逆に医療保険が必要なのです。

50代の男性なら、入院給付金一日5000円の医療保険が、月3000円程度の掛け捨てで売られています。これが60代になると、月5000円弱にまで跳ね上がってしまいます。入ると決めたら、早いほうがよいでしょう」

近年ではかなり普及したがん保険も、医療保険に含まれる。

ファイナンシャルプランナーの畠中雅子氏が語る。

関連記事

おすすめの記事