[ボクシング]
近藤隆夫「“日本ボクシング黄金期”だからこそ考えるべきこと」

スポーツコミュニケーションズ

王座統一戦を優先するルールを

 このコラムでも再三書いてきたが、同じ階級に日本人世界チャンピオンが2人も3人もいるのは、あまりにも不自然だ。誰が本当のチャンピオンなのかと考えさせられてしまう。

 この際、同じ階級に複数の日本人世界チャンピオンが誕生した場合には王座統一戦を優先させるというルールを定めてみてはどうだろうか?

 そうすればベルトに価値が出る。「価値が下がった」「重みがない」と言われることもない。日本のボクシング黄金期が、さらに長く続くか否かは、今年行われる世界戦のマッチメイクの質にかかっている。

近藤隆夫(こんどう・たかお)プロフィール>
1967年1月26日、三重県松阪市出身。上智大学文学部在学中から専門誌の記者となる。タイ・インド他アジア諸国を1年余り放浪した後に格闘技専門誌を はじめスポーツ誌の編集長を歴任。91年から2年間、米国で生活。帰国後にスポーツジャーナリストとして独立。格闘技をはじめ野球、バスケットボール、自 転車競技等々、幅広いフィールドで精力的に取材・執筆活動を展開する。テレビ、ラジオ等のスポーツ番組でもコメンテーターとして活躍中。著書には『グレイ シー一族の真実~すべては敬愛するエリオのために~』(文春文庫PLUS)『情熱のサイドスロー~小林繁物語~』(竹書房)『キミはもっと速く走れる!』『ジャッキー・ロビンソン ~人種差別をのりこえたメジャーリーガー~』(ともに汐文社)。最新刊は『運動能力アップのコツ』(汐文社)。連絡先=SLAM JAM(03-3912-8857)


 

編集部からのお知らせ!
ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/