二宮清純「斎藤佑樹、復活の条件は“キラー”への変身!?」

二宮 清純 プロフィール

王貞治の言葉

 12年のシーズンは開幕投手まで務めた斎藤投手ですが、その年の夏以降は故障もあって鳴かず飛ばずの状態が続いています。

 キャンプでの初ブルペンからシュートを試したというのは、危機感の表れであると同時に、自らの「美学」をもかなぐり捨てたということでしょう。

 斎藤投手の早稲田実業高の先輩である福岡ソフトバンクの王貞治球団会長は「プロで成績を残そうと思えば、バッターボックスの(インコースの)白線に向かって放れるようにならないと。アウトコースと違ってインコースは勇気がなければ放れない」と語っていました。

 復活を目指す斎藤投手には、それこそ“キラー”と呼ばれるくらいの変身が求められます。“ハンカチ王子”から“佑ちゃん”へ、“佑ちゃん”から“キラー斎藤”へ――。4年目の今季は、彼にとって文字どおり「勝負の年」となるに違いありません。