浅田真央と髙橋大輔ダブルで「金メダル」が見えたッ!ソチ五輪に大喝采!

強いニッポンの「2014年」が丸ごとわかる【後半第1部】 
週刊現代 プロフィール

「『集大成にしたい』と本人も言っているように、ソチ五輪で金メダルを取れば、おそらく引退する。真央はすべてをかける覚悟で臨むんです。逆に言えば、銀はもう、バンクーバーで取った。トリプルアクセルを回避する消極的なプログラムで滑りきっても、キム・ヨナの調子が良ければ勝てずにまた銀。それでは意味がないんです。

全日本で跳べなかったときも、真央は『今日はチャレンジすることが必要だった』と毅然と語りました。真央は絶対にトリプルアクセルを跳ぶ。誰が何と言おうと、それはもう変えられないんです」

表彰台独占もあるぞ

スポーツライターの折山淑美氏は、浅田のこの決断を応援したいと言う。

「金メダルはキム・ヨナとの一騎打ちとなる可能性が高いが、もしキム・ヨナが昨年の世界選手権のときくらいに仕上がってくるとすれば、真央ちゃんはトリプルアクセルをきちんと跳ぶことが、金メダルの条件になります。

バンクーバーの後、スケーティングのテクニックをきっちり見直した。その上積みがあるので、フリーのトリプルアクセルは1回にして、後半は3回転3回転でいいと思う。

全日本のフリーでの失速は、グランプリファイナルから2週間と短かったので、腰痛が出ていたことも原因でした。オリンピックまでは、疲労を取るための時間は十分にある。期待できると思います」

全日本で3位に沈んだことは、浅田にとっては良かった、と言うのは前出の浅田の知人だ。

「あれで迷いが吹っ切れたところはある。ここまで来たらくよくよ考えても仕方がない。本番では跳べると思って跳ぶだけ、そう真央は言っていました。バンクーバーの前よりも精神状態は良い」

抜群の安定感を維持するキム・ヨナを上回るためには、トリプルアクセルを決めるしかない。逆に言えば、トリプルアクセルを決めれば、念願の金メダルはぐっと近づく。浅田の心技体はいま、充実している。

女子でメダルが期待できるのは浅田だけではない。鈴木明子(28歳)と村上佳菜子(19歳)にも可能性は十分にある。うまくいけば「日本勢で表彰台独占」も夢ではない。

前出の武田氏が言う。

「鈴木選手が優勝を飾った全日本選手権での演技は本当に素晴らしかった。彼女はエッジワークとかスケートの技術ももちろん上手ですけど、気持ちが本当に強いんです。