砺波洋子 第2回 「シマジ先生のエッセイを読むと中毒になります。メルマガの目標会員数1000名達成は可能でしょう」

島地 勝彦 プロフィール

砺波 次に本文の運命数27の頁を開きますと「2014年のあなたの運勢」が書かれております。重要なのはここです。2014年、2015年と2年にわたりセオさんは「天冲殺」に入ります。

セオ えっ! 天冲殺ですか!?

砺波 そうです。天冲殺とは、英気を養い、2年後に運勢をリセットするために人知れずいろいろなことを充電するときなのです。どなたにも12年に1度はやってくるものですから恐れることはありません。

160ページの本文にも書かれているように「あなたの2014年は、主流としていた運びを新たな体制へと立て直していく一年です。全体を改良するためのたたかいでもあり、家族や親類のために働き、尽力する時期を迎えます。そこには経済も大きく関わってくるため、あなたにとっては、あわただしい一年になるでしょう」ということです。

セオ ここに書かれている運勢にはどれくらい影響されるものなのでしょうか。

砺波 平均的に75%はみえています。それからセオさんの2014年のキーワードはここにも書いてありますが「権力が強まる」ことですよ。

本文を読みますと「人に対して自分の力を示したい時期を指していますが、実際には力量不足を隠すために強がっている時期ともいえます。上辺だけの力を誇示して目の前のものを欲しがっても結果は伴いません。そこで失敗して力量不足を嘆くような人物に人はついてきません。

大事なのは人としての土台をきちんと築くこと。そこで労作を踏まえることで、はじめて力がついてくるのです。ここで得た力は、あえて誇示しなくても周知されるでしょう。権力とは、さざ波のように人の中に拡がっていくものです」とあります。

購読のお申し込みはこちらから

シマジ セオ、まあ、2014年は温和しく愛妻家のままでいろということだよ。

砺波先生、セオは面白い家族関係で、お父さんも兄弟もみんな優秀な医者一家なんですよ。でもこの男がもしも外科医になっていたとしても、ドクター・セオの手術だけは絶対にご免こうむりたい。理由はガサツな神経の持ち主だからです。こいつに執刀させたらメスを腹のなかに置き忘れることはまちがいないですからね。