[ボクシング]
近藤隆夫「山中vs.亀田和、内山vs.三浦……日本人同士の世界王座統一戦、早期実現を!」

スポーツコミュニケーションズ

“しょうもない世界戦”はいらない

 熱き試合。そこには必ずファイターの勇気が存在する。
「しょうもない世界戦もありましたけど、これがボクシングだという試合を見せてくれました」
 放送席で解説をしていた畑山隆則は、興奮気味に、そう話していた。

 私も同感である。“しょうもない世界戦”が誰の試合であるかは言わずもがなだろう。ファンは、ボクサーから勇気を感じたいのだ。

 今年もボクシング界は観る者を熱くさせてくれるだろうか? 強い相手と闘うことになる指名試合を前に逃げ出すように王座(WBA世界バンタム級)を返上、「4階級制覇を狙う」と都合よく吹く亀田興毅には期待できない。信じられない「勇気のなさ」だ。観たいのは「勇気ある」日本人同士の王座統一戦である。

 山中慎介(WBC世界バンタム級王者)vs.亀田和毅(WBO世界同級王者)、内山高志(WBA世界スーパーフェザー級王者)vs.三浦隆司(WBC世界同級王者)の早期実現を切に願う。

近藤隆夫(こんどう・たかお)プロフィール>
1967年1月26日、三重県松阪市出身。上智大学文学部在学中から専門誌の記者となる。タイ・インド他アジア諸国を1年余り放浪した後に格闘技専門誌を はじめスポーツ誌の編集長を歴任。91年から2年間、米国で生活。帰国後にスポーツジャーナリストとして独立。格闘技をはじめ野球、バスケットボール、自 転車競技等々、幅広いフィールドで精力的に取材・執筆活動を展開する。テレビ、ラジオ等のスポーツ番組でもコメンテーターとして活躍中。著書には『グレイ シー一族の真実~すべては敬愛するエリオのために~』(文春文庫PLUS)『情熱のサイドスロー~小林繁物語~』(竹書房)『キミはもっと速く走れる!』 (汐文社)ほか。最新刊は『ジャッキー・ロビンソン ~人種差別をのりこえたメジャーリーガー~』(汐文社)。連絡先=SLAM JAM(03-3912-8857)
編集部からのお知らせ!