2014年の景気はこうなる

〔PHOTO〕gettyimages

2014年はどうなるのか。

2013年はアベノミクスの効果が出た年だった。アベノミクスは金融政策、財政政策と成長戦略だが、金融政策と財政政策の効果は抜群だった。

日銀総裁人事でアベノミクスに理解のある人を指名し、財政政策では'13年1月に10兆円の大型補正を行った。野田政権が国会を解散した'12年11月16日の日経平均は9024円、それが'13年12月24日には1万6000円を超えた。円ドルレートは1ドル81円だったが、104円となった。日本経済は円が安くなると、GDPが増えるという構造であるので、期待通りにGDPは増加している。

そこで、今年はどうだろうか。まず、成長戦略の効果はずっと先だ。先般の国会で法案が通ったばかりで、効果が出るにはあと2~3年かかるとみられる。

次に、金融政策は今年も変更なしなので、引き続き同じ効果だろう。

そして、財政政策は、2013年と2014年が最も違うところだ。昨年は消費税増税なしで10兆円補正予算だった。しかし、今年は消費税増税があって、補正予算も今のところ約6兆円と少ない。この差は大きい。消費税の影響について、政府は'14年の4-6月期が大変だとしつつ、その後については楽観的で、'14年度の成長率は1・4%と見込んでいる('13年12月21日発表)。'13年度が2・6%なので、政府見通しでも今年は景気が昨年より悪くなるのだが、民間エコノミストは0・8%とさらに厳しくみている。

筆者は、それでも甘いと思っている。民間エコノミストの中には、財務省に忠臣の「ポチ」もいて、消費税増税のために影響ないという意見を言っている人も多いからだ。このまま、安倍政権が手をこまねいていると、最悪ゼロ成長もありうる。

もっとも、消費税増税の効果を打ち消すような5兆円以上のさらなる追加補正予算を組めば、1%台の経済成長の可能性もある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら