[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「上田、仰木両監督を手本に育成を」

スポーツコミュニケーションズ

元オリックス・横山はチームの柱に

 先日、就任会見をしたばかりで、まだ個々のメンバーや新加入の選手をじっくり見たわけではありませんから、来季の愛媛がどんなチームになるかは分かりません。ただ、守りを重視した堅実な野球をしていくことになるでしょう。野球は0点に抑えれば負けません。バッティングはどんなに良くてもヒットを打てる確率は3割ですが、守備では10割を狙えます。特に専門である内野守備には力を入れていきたいです。

 守りの野球を実践する上で、今季までオリックスで一緒にやってきたキャッチャーの横山徹也を選手として迎え入れることになりました。1軍での経験は決して多くないものの、上のレベルを知っている選手がいるのはチームにとってプラスです。ましてや扇の要であるキャッチャーですから、彼が攻守両面で若い選手たちを引っ張ってくれることを期待しています。

 阪急、オリックスで33年間過ごす中で、影響を受けた指導者はたくさんいますが、強いて名前を挙げるなら上田利治さんと、仰木彬さんでしょう。上田さんには入団時からプロとしての厳しさを学びました。練習時の厳しさのみならず、試合ではどんな状況でも勝負に徹する厳しさがありました。当時の阪急は常に優勝争いをするチームだっただけに、その中でレギュラーとして試合に出続けることの難しさも教わりました。

編集部からのお知らせ!