マッキー牧元のおいしいトレンド「2013年の美食ベスト10」(東京編)

『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』---「マッキー牧元のおいしいトレンド」より
ヴァッカロッサのWebサイトより

今年も、年間約600軒、2000皿に近い料理を食べてきた。その中で多くの美食と出会えた。料理から刺激と幸福を受け、気が動くのはなんとも愉快で、また多くの優れた料理人の考えに啓発され学ばされた。

その中で恐れ多くも、ベスト10を考えてみたい。
2013年の極私的美食ベスト10(東京編)前編である。

おたけびをあげたくなるステーキ 郷土料理に郷愁をおぼえたフレンチ

第10位は、以前こちらでも紹介した、赤坂のイタリアン『ヴァッカロッサ』。輻射熱ができない特殊設計の炉を作り、薪の熾火で野菜、肉、魚を焼く。中でも土佐赤牛を使った、「ビステッカ・アッラ・トッサーナ」が素晴らしい。

赤牛の中でも繊維が細くたくましく密になった、「ザ・肉」といえる凛々しい味で、食べた瞬間肉から「噛めっ」と叫ばれているような感覚に陥る。刺しの入った黒毛和牛ではなく、赤身肉が注目されるにつれ、間違いなくクローズアップされる店である。肉好き、ステーキ好きなら急げ。・・・・・・この続きは『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』vol056(2013年12月18日配信)に収録しています。

この記事は、現代ビジネスが発行するメルマガ、『現代ビジネスブレイブ』の「コンプリートマガジン」および「イノベーションマガジン」でお読みいただけます。
 
※このメルマガはお申込み月は無料でお読みになれます。
※『現代ビジネスブレイブ』を初めてご購読される場合の販売期間は配信月を含め2か月間となります。
 
 
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら