2013.12.18
# 本

「再犯を減らすためには、マスコミと市民が変わらなくてはいけません」 ホリエモンが語る刑務所からの"社会復帰" 岡本茂樹 × 堀江貴文 【後編】

刑務所は受刑者ではなく社会や国民を見ている

堀江: それは予算の問題とかそういうことになるんですか?

岡本: 予算というか、再犯を避けたいということですね。実際、再犯率が5割くらいあるのですが、それを防ぎたいというのが目的になりますね。

堀江: 今のままでは絶対再犯しますよね。矛盾していると思いますけど。

岡本: これを言うとかなり厳しいバッシングを受けそうですが、「刑務所はどこを向いてるのかな」と疑問に思っています。受刑者を見ているのではなく、社会を見ている、国民を見ているという見方もできるかもしれません。

堀江: でも国民からしてみれば再犯者が減ったほうがいいんですよね。

岡本: だから、減ってほしいがために、「いっぱいやってますよ」ということを、言い方は悪いですが、アピールしてるとも言えます。

だから覚醒剤とかいうのは、今、一番増えている犯罪なので、かなりプログラムを受けさせるという形だけはとってるんですよね。でも実際の効果はそうではないわけで。

堀江: あともう1つ、これは犯罪被害者へのエクスキューズなのだと思いますが、厳罰化が進んでるじゃないですか。そうなると、刑務所入る人が増えますよね。その辺はどう考えればいいんですか?

岡本: 考えるというよりは、こういう厳罰化になることで、前までは「L」というのは8年だったのですが、それが10年になった。そのため、LBという受刑者がBの受刑者に移っている。

つまり、刑罰の重い刑務所に入っている受刑者が下にずれてきていることがあるんですよね。例えば長野刑務所にしても、A指標という犯罪傾向が進んでいないところにも、少しずつBに近い人が入ってくるというような流れになってきています。

堀江: もともと長野はLAだかBだかどっちかだったんです。長野はAに変わった刑務所なんですよ。なので、長野は無期懲役の人までいるんです。厳罰化が進むと刑務所に入る人は当然増えてきます。昔は刑務所に入れなかった人を今は刑務所に入れて何かよくなるのかなと、僕は基本的な疑問として持っています。

岡本: これは被害者の視点と加害者の視点を分けて考えないと絶対に無理なんですよね。被害者にすれば、悪いことをしたんだから厳罰にしてほしいという思いが思うんですけど。

加害者に厳罰を下して、罪を重くしても、犯罪の抑止力にはならないということは歴史が証明しているわけです。殺人だけを見ても、日本は先進国の中で、ダントツに人を殺していないわけなんですよね。それでも厳罰化がどんどん進んでいて、懲役年数が増えている。無期懲役・死刑もどんどん増えているのが現状です。

関連記事