[アイランドリーグ]
オリックス育成1位・東、守備と足で魅せる選手に

~ドラフト指名選手Vol.2~
スポーツコミュニケーションズ

誰にも負けないスタイルを

「バッティングも大切ですが、一度にたくさんのことはできない。守備を買われているのだから、誰にも負けないスタイルを構築してほしいですね。まずは守備から試合に出られるようになること。線が細いので体を大きくしてパワーがつけば、徐々にバッティングも伸びていくはずです」
 島田は東に自分の持ち味をしっかりアピールしてほしいと願っている。

 森山も同じ考えだ。
「NPBにいい選手がたくさんいるからキャラが薄いと埋もれてしまう。プロとして自分はこんな選手だというキャラを打ち出してほしいですね。守りをメインに、走塁やバントといった部分も勉強していってほしいと思います」

 リーグOBには良きお手本がいる。東京ヤクルトの三輪正義(元香川)だ。三輪も非力だったが、俊足巧守を見込まれ、ドラフト指名された。ヤクルトではピンチランナーからスタートし、守備では内野のみならず、外野やキャッチャーにも挑戦。チーム内で貴重なユーティリティプレーヤーに成長した。1軍に定着することで打力も年々向上し、今季は広島のエース・前田健太からの2安打を含む猛打賞も達成している。ひとつの武器を突破口に幅を広げ、自らの居場所を確立した好例だ。

 東にとって当面の目標は支配下登録である。そのためには東弘明というルーキーの存在感をチーム内で示すことだ。
「守りと足で魅せる選手になりたいですね。みんなから愛されるプレーヤーを目指します」

 オリックスには昨季ノーヒットノーランも達成した若き右腕の西勇輝がいる。「西へ、東へ、球場へ」。読み方は“あずま”であるが、ゆくゆくは人気選手とそんなキャッチコピーで売り出される選手になってほしいものだ。

(石田洋之)

編集部からのお知らせ!