Photo by Getty Images

首都高速は「1964年東京五輪のために作られた」わけではなかった

『図解・首都高速の科学』前書き

「前書き図書館」メニューページはこちら

日本の道路技術のショーウィンドウ

1962年、東京オリンピックに先立って開通した首都高速道路。
制約の多い都市部に建設するため、
首都高速には常に最先端の道路技術が導入されてきた。
そこから日本や世界に広まった技術も少なくない。
2020年に再び開かれるオリンピックに向けて、
新たな段階に立った首都高速の
建設・運営・保守の舞台裏を余すところなく解説する。

ただの高速道ではない

首都高速は、走る展望台だ。

車中から見上げれば、東京タワーや東京スカイツリー、銀座のピル群、六本木ヒルズ、羽田空港旅客ターミナルビル、横浜ランドマークタワーなどが見え、目を横に向ければ、日本橋、池袋、新宿、渋谷、六本木、上野、お台場などの街並みが間近にとらえられる。地平からは見えない東京の景色が首都高速では見えるのだ。

池袋池袋付近 Photo by PhotoAC

東京という街の全体像を知りたければ、地下鉄を乗り継いで各地を巡るよりも、首都高速を走る乗用車やバスに乗って景色を眺めるほうが早い。

たとえば、首都高速都心環状線は、JR山手線の半分以下の距離でありながら、沿線には東京の風景が凝縮されている。1周すれば、渋滞がないときならわずか20分で、東京がおおよそどんな街かがわかる。

首都高速は、首都圏に欠かせない交通の動脈であるが、首都圏に住んでおられない方も、見えないところでその恩恵を受けている。

たとえば、今手にされている本書は、首都高速を通じて東京から全国各地に配本されたものである。郵便や宅配便をはじめとした物流ネットワークは、首都高速を利用するように構築されており、さまざまなものが首都高速を通じて東京から出て、東京に集まってくる。旅客輸送する高速パスのネットワークも同じだ。

つまり、首都高速は、たんなる首都圏の地方道路ではなく、日本全国の道路ネットワークの中心的存在なのである。

都市高速のモデルでもある

首都高速は、都市高速道路である。欧米の主要都市の中心地、たとえばロンドンのピカデリーサーカスや、ニューヨークのタイムズスクエアには高速道路は通っていないが、東京では日本橋や六本木交差点、渋谷駅前など、人が集まる場所の真上に高速道路の高架橋がある。

首都高速湾岸線・大黒ジャンクション首都高速湾岸線・大黒ジャンクション Photo by PhotoAC

都市部を通る都市高速道路は欧米にも存在するが、それらを参考にして改良し、中心地にも入り込んだのが、首都高速なのである。