眉は目ほどに物をいう? モナリザが神秘的なのは眉毛のマジック?

~「顔学」という創造型科学~
モナリザの表情の研究は世界的にも注目された。左は笑うモナリザ、右は驚くモナリザ
東京大学名誉教授
原島 博先生

1945年生まれ、東京都出身。東京大学工学部電子情報工学科卒業後、大学院などを経て、現在、東京大学名誉教授。1995年に「日本顔学会」を発起人代表として設立。「顔学」の構築と体系化に尽力し、顔を科学的に研究。

顔学とは

松尾貴史(以下、松尾) 原島博先生は顔学を研究されているそうですが、顔学とはどういったものですか?

原島博(以下、原島) そうですね。顔学では、誰もが持っている顔というものをさまざまな角度から研究しています。もともと僕の専門はコミュニケーション工学、昔でいうところの通信だったんですね。今からもう25年ぐらい前の1985年頃、当時僕はテレビ電話の研究をしていたんです。チャット技術の研究ですね。

岡村仁美アナウンサー(以下、岡村) はい。

原島 そして、テレビ電話というのは、技術的にはわりと簡単なんだけど、なかなか普及しないんですよね。今でもあまり使わないでしょう? どうしてだろうと考えたときに「顔が、重要だな」と。テレビ電話でありのままの顔を送るよりも、実物よりもいい顔に映るテレビ電話があるといいんじゃないかと・・・。

松尾 今、プリントシール機で撮影すると、目がちょっと大きくなったり、顔全体が締まって見えるような、被写体が自然と美男美女になるような細工が施されていますよね?

原島 そうです。それらのルーツかもしれない技術の研究を、25年前にはじめたんです。

松尾 四半世紀前に、そんなことをやろうとしていたということがすごいですね。いわゆる人相学とはまったく別の観点から、顔を研究しようということですもんね?

科学の宝箱  -人に話したくなる25のとっておきの豆知識-
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,260円(税込み)

◎ラジオ版"ディスカバリーチャンネル"が一冊の本に!

生物学や工学、心理学など、毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、最新の"科学"についてトークを繰り広げているラジオ番組「夢☆夢Engine!」。これまで番組に登場した約120名のゲストのなかから珠玉のトークをセレクト。生物学者でベストセラー作家の福岡伸一先生、"はやぶさ"の川口淳一郎先生をはじめとした、各界の専門家25名のお話を書籍化しました。

原島 そうですね。たしかに顔学というと人相学と間違えられる。でも、人相学は、ある意味では占いです。その顔を見て、その人の性格や運命を当てたりするのが人相学。

それに対して顔学というのは、基本的には科学。ですから心理学や人類学、解剖学、そして僕みたいにコンピューターを使って顔画像処理をする人間、そんな、いろんな分野の専門家が集まって、さまざまな視点から科学的に顔を研究しようというのが顔学なんですね。

たとえばある顔を見たときに、それを見たほとんどの人が「この人はのんびりしていそうだな~」と思うとすると、その顔に「のんびりしている」と思わせるなにかがあるわけですよね? そのなにかを、統計的、科学的に調べるのが顔学です。そのとき、本人の性格がほんとうにのんびりしているかどうかは関係ないんですね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら