賢くて愛すべき遊び人。オスはメスよりも美しい!?

~カラス博士のカラス能力秘話~
宇都宮大学農学部動物機能形態学研究室教授
杉田昭栄先生

1952年生まれ、岩手県出身。宇都宮大学農学部畜産学科を卒業後、千葉大学大学院医学研究科を経て、現在、宇都宮大学農学部の動物機能形態学研究室教授。動物をより理解するために、動物の脳や感覚を研究。

カラスは賢い遊び人!?

松尾貴史(以下、松尾) 本日お迎えした杉田昭栄先生は、なんでもカラスを研究されているそうです。カラスは黒いからか、ちょっとネガティブに捉える人が多いですよね。

岡村仁美TBSアナウンサー(以下、岡村) 好きだという人はあまりいないですよね。

松尾 ・・・なんでしょうね。遊び鳥? カラスはイタズラをするイメージがありますよね。先生、どうでしょう。

杉田昭栄(以下、杉田) そうですね。カラスはね、実は人間に近いというか、どう見ても繁殖や生命を維持するための食行動以外の行為をします。つまり遊びですよね

たとえば、すべり台。公園にあるすべり台を、上からすべるんですよ。それも、着地を間違えてすべったというのならまだしも、わざわざてっぺんまでヨチヨチとのぼって、こうスゥーっと・・・。

松尾 スロープを?

杉田 ええ、スロープをすべっている。で、1回だけなら偶然かなと思いますが、またわざわざトコトコと歩いてのぼって、また降りると。

松尾 えーっ!

杉田 ときには仰向けですべったなんていう目撃証言もあります。それは私もさすがに見てはいないんですけど、ふつうにすべり降りる姿は、私も映像記録で何度も確認しています。非常におもしろいですよね。

科学の宝箱  -人に話したくなる25のとっておきの豆知識-
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,260円(税込み)

◎ラジオ版"ディスカバリーチャンネル"が一冊の本に!

生物学や工学、心理学など、毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、最新の"科学"についてトークを繰り広げているラジオ番組「夢☆夢Engine!」。これまで番組に登場した約120名のゲストのなかから珠玉のトークをセレクト。生物学者でベストセラー作家の福岡伸一先生、"はやぶさ"の川口淳一郎先生をはじめとした、各界の専門家25名のお話を書籍化しました。

岡村 ちなみに、すべり台の頂上へは、飛ばずに歩いていくんですか?

杉田 そうなんです。ほかにも、高いところから石なんかを落としてね、それが下に落ちる前に、スッと取りにいく。キャッチしたら、また高いところに行って落とすと。そういう行動を繰り返す。

松尾 スーパーマンみたいですね。

杉田 そうそう。ゴルフをやる方はよく嘆いてます。ゴルフボールをカラスが持っていって、ゴルフ場の施設の屋根の傾斜を使ってコロコロ転がしてるって(笑)。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら