自分を毎日、オフィスの中に閉じ込めるな

『現代ビジネスブレイブ リーダーシップマガジン』---リチャード・ブランソン「世界を変える経営」より
リチャード・ブランソン氏(左)とバート・ルータン氏(右)---〔PHOTO〕gettyimages

人脈に頼ることが仕事で失敗しない唯一の方法

【質問】 本当に効果的なネットワーカーとは、会社の成功にどれほどの影響を与えるものなのでしょうか。会社の内外で人脈づくりをもっぱら行う人を置く意味は果たしてありますか。

――ブランソン: 事業で成功するために何よりも大事なことは人とのつながりです。しかしヴァージングループではこれまで、職務内容が社内や社外の人脈づくりだけというような人を雇ったことはありません。ほとんどの社員がそのようなスキルを持っていることが暗黙の前提なのです。

これが、ヴァージンを音楽産業から携帯電話サービスまで、多種多様な業種に発展させてきた力となりました。他分野とのつながりを築くことで専門知識を増やすことが可能になり、理解がとどく範囲を何倍にもすることができたのです。

起業家にとって人脈開拓の能力は素晴らしい資産です。専門知識を持たない分野で事業を行うときには、人脈に頼ることが仕事で間違わない唯一の方法になることがよくあります。ヴァージンチームが宇宙ビジネスに進出しようとした際、私はまず、われわれの宇宙船建造を助けてくれる世界一のエンジニアを探しました。あの革命的なスペースシップワンを創造したバート・ルータンとの結びつきができて初めて、ヴァージンギャラクティック社を創業できたのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら