2013.10.23
# 雑誌

『しまむら』店員を土下座させて逮捕 クレーマー主婦をブタ箱に入れた「強要罪」はこんなに怖い

週刊現代 プロフィール

店員を土下座させ、さらにそれを写真に撮って不特定多数に向け公開するという行為は明らかにやりすぎだ。ただ、これが果たして逮捕までされるようなことだったのかと考えると、違和感がある。前出の落合弁護士も首を傾げる。

「普段、『苦情を言ってきた客に土下座させられた』と訴えても、警察は相手にしないでしょう。民事トラブルということになるはずです。やはり、ネットで土下座写真が公開され、話題になっているから逮捕したのではないか、と思ってしまいます」

この推測は、外れていないようだ。ある北海道警OBは、逮捕の理由を「簡単に言えば、功名心ですよ」と断言する。

「いま社会問題になっているネット炎上に、警察として何とか食い込みたい。ネットに絡む犯罪を摘発し、『道警は先進的な課題に取り組んでいる』と警察内の評価を高めたいという考えがあるのでしょう。

さらに言えば、道警は先日、ひき逃げ事件で防犯カメラに映った女性を拙速な捜査の末逮捕し、起訴できなかったという失敗をしています。その失点も意識していたはずです。

逮捕権を運用するための判断基準の他に、こんな『自己都合』で、警察は簡単に人を逮捕するんです」

「燃料」は投下された

そんな恣意的な捜査が許されるのか、という疑問に加え、さらに浮かぶのが、「今回の逮捕は本当に強要罪の要件を満たしているのか」という根本的な疑念だ。企業のクレーム対応に詳しい、表参道法律事務所の横山雅文弁護士が指摘する。

「強要罪の成立要件でいえば、単純に『土下座をさせたから強要罪』とは言えないはずです。店員とのやりとりの中で明白な脅迫があった場合は強要罪だと言い切れるでしょうが、その点が微妙だと思います」

刑法によれば、強要罪が成立するには、相手に〈生命、身体、自由、名誉もしくは財産に対し害を加える旨を告知〉することが必要だという。つまり、たとえば「土下座しないと殴るぞ」と言って土下座させたならば、これはまぎれもなく強要罪ということだ。

しかし今回のケースでは、容疑者が「土下座しろ」「交通費を負担しろ」「家まで来て謝罪しろ」の3つを店員に要求したことまでは明らかになっているが、肝心の「しなければ○○するぞ」の部分がはっきりしない。

関連記事