これからのビジネスマンの働き方を提案する
『ビジネスをつくる仕事』著者・小林敬幸氏インタビュー

小林 敬幸

――あと、なるほどと思ったのは、新しいことをやるのはすごく楽しいとおっしゃる一方で、撤退戦のことを常に考えている。周りでも新しいことをやりたがる人は、攻めは得意だけど、守りはいまひとつに見える人というのも多いんですが、つねに守りのこと、損をいかに少なくするかを考えている。

小林 少なくとも実際に成功を続けている人は、リアリストですよね。もちろんロマンもビジョンも持っていますけれど、リアリストではないと成功しないですよね。プラグマティストとも言えるかもしれない。それは言い方を変えると現場の感覚を持っている人ということになりますね。

――現場感覚というのは、まず現場に行けということでしょうか。

小林 本の中でも書きましたが、もちろん現場に行くというのは必要ですが、現場に行っただけではダメで、たとえば傘を持たないで雨に降られて「あー濡れちゃった。運が悪かった」という人と、雨に降られたときに、ルートを変えたり、なんで自分は傘を持って出なかったんだと分析したりという人では、だいぶ結果が変わってきますよね。

普通の人に贈る新しい働き方

――いまですと、新しい事業をするというと、ベンチャーという選択もあるし、フリーが改めて注目され語られている時代です。これに対し、本書を読むと、むしろ日本では会社に所属しているほうが、いろいろ新しいビジネスもやりやすいんだといったことが書かれています。そこが逆にこの時代に新鮮に感じたんですが。

小林 私は以前シリコンバレーで働いていたことがあるんですね。シリコンバレーという場所はご存じの方も多いかもしれませんが、アメリカの中でも、街中が起業のためのシステムでつくられているようなところです。たとえば起業をサポートする弁護士も、いまカネがないなら株のオプションでいいからという事務所がいっぱいある。融資をする際も社長の個人保証も日本に比べるとはるかに少ない。そうした環境の違いを見ていると、日本における個人の起業はやはりリスクがとても多い。ある意味いまの日本で起業しろというのは残酷な気さえします。

 だから日本は無理にアメリカのマネをせず、日本らしいやり方をしたらいいというのが実感としてあります。では日本らしいやり方とは何かというと、それは会社のなかでの新しいビジネスをするというのがある。日本の会社はアメリカの会社に比べても、ボトムアップの文化ということもあり、下の提案を上が受け止めることが多い。失敗にも意外と寛容です。だから組織の中にいたほうが新しいこともやりやすい。