マッキー牧元のおいしいトレンド「ハンバーグ新時代」

『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』---「マッキー牧元のおいしいトレンド」より
『ヴァッカロッサ』のホームページより

ブームは『俺のハンバーグ山本』からはじまった

ハンバーグが今熱い。

誰もが好物でありながら、洋食屋や定食屋の一メニューでしかなかったハンバーグが、主役となって注目されるようになったのは、ここ5年くらいである。

この現象は、一時は行列ができて都内に5店舗ほど展開する、『俺のハンバーグ山本』の人気が呼び水であった。ハンバーグだけでも勝負できると、さまざまな専門店ができはじめたのだ。

最近の傾向は、赤身ハンバーグである。牛肉100%の赤身ハンバークを売りにする店が増えているだ。

しかし一方で、牛肉100%の赤身で作るハンバーグは、脂身がない分パサつきやすく、また豚肉の甘みに助けられないため、食感が重くなるという欠点もある。そのため、牛肉の質と焼き方においしさが大きく左右される。だがその分、牛肉のうま味を存分に味わえて、なにより肉を食べている充足感を与えてくれるのが、このハンバーグの魅力なのである。

すでに都内に10店舗ほど、牛肉100%赤身ハンバーグの店があるが、なかでもおススメなのが、赤坂『ヴァッカロッサ』のランチタイムのハンバーグだ。

イタリア料理店である『ヴァッカロッサ』。そのランチメニューに「ハンバーグ」1400円がある。ヴァッカロッサとは、赤い牛という意味で、焼いた肉をスペシャリテにしてきたシェフが、土佐赤牛と出会い、惚れ込み、店名にまでしてしまった。その赤牛をハンバーグに仕立てている。・・・・・・この続きは『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』vol048(2013年10月17日配信)に収録しています。

この記事は、現代ビジネスが発行するメルマガ、『現代ビジネスブレイブ』の「コンプリートマガジン」および「イノベーションマガジン」でお読みいただけます。
 
※このメルマガはお申込み月は無料でお読みになれます。
※『現代ビジネスブレイブ』を初めてご購読される場合の販売期間は配信月を含め2か月間となります。
 
 
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら