2013.10.18
# 数式 # 問題集

大人も「算数の傑作文章題」に挑んで考える力を磨こう!

『読解力を強くする算数練習帳』前書き
佐藤 恒雄 プロフィール

自己採点の仕方

 本書を読んで,算数の問題を解いたときのあなたの現在の実力の判定の仕方を説明しましょう。

 ふつう生徒の算数の実力を知るために,教師はいくつかの算数の問題を選んで、,時間を定め,その時間の中で生徒にまず問題を解かせます。そして,その結果(答案)を採点して,得点を出します。その得点によって,生徒の実力を評価します。

 しかしこのやり方は,生徒のどの部分の,どんな力が弱いのか,強いのか,正確には把握できません。問題が解けたのは, 4つの力が獲得されているからであり,その理解の程度が,初めの段階までか,途中までなのか,終わり近くまでなのか,完答したのかで異なります。
 問題1を例にとれば,上で説明したように理解の程度を4段階(初めの段階( 1/4 ),途中まで( 1/2 ),終わり近く( 3/4 ),完答( 1 ))に分けます。もしA君が正解なら,問題を解くのに必要な4つの力のレベル値はパーフェクトであると考えられるので,読解分析力3,翻訳力2,目標設定力3,遂行力1となり,ヒューレ値は

(3 + 2)×(3 + 1)÷2 = 5×2 = 10

となります。また正解にたどりつけなくまも,読解分析力(3)が完答の出来なら, 3×1= 3を,翻訳力(2)が途中までの出来なら,2 × 1/2 = 1,目標設定力(3)が終わり近くまでの出来なら,3 × 3/4 = 9/4 = 2.25,遂行力(1) が初めの段階だったなら,1 × 1/4 = 0.25とレベル値を特定します。

したがってA君のヒューレ値は図2から

(3 + 1) ×(2.25 + 0.25)÷2 = 1/2 × 4 × 2.5 = 5.0

となるので,得点も5.0点となり,A君の問題1に対する習熟度は 5/10 = 1/2 ですから、5割の読解力と判定できます。

 一方,問題文を読んだだけで,ほとんど初めの段階までしか解けなかった場合でも,各レベル値の 1/4 を持っているとみなされます。これは問題に取り組もうとした意欲に対するボーナスです。したがってA君のヒューレ値は

(3 + 2)×1/4×(3 + 1)×1/4÷2 = 2.5

すなわち, 2.5の習熟度となります。

 このレーダーグラフを見れば,問題を解けないのは, 4つの力のどれが弱いのかがわかり,その弱点を克服すればよいことが自己診断できます。

 しかも,自分の現在の実力がどの程度かは,問題の難易度を表す(イ)と自分の問題に対する習熟度(ロ)を比較することで判断できます。

関連記事