2013.10.18
# 数式 # 問題集

大人も「算数の傑作文章題」に挑んで考える力を磨こう!

『読解力を強くする算数練習帳』前書き
佐藤 恒雄 プロフィール

難易度を数値化する

 ではどうしたら正しい評価法ができるのでしょうか。

 例えば,第1章には,難易度の異なる問題が5題出題されています。それぞれの配点は,問題1が10点,問題2が15点,問題3が20点,問題4が25点,問題5が30点となっています。各問題の配点はそれぞれ問題の難易度を数値化しているのです(その値を本書ではヒューレ値とよんでいます)。

 では,問題の難易度を表すヒューレ値とはどんなものでしょうか。

 まず, 4つの力をそれぞれ,構成要素の3つの基本力で分析評価し,その合算した値を各力のレベル値とします。

 本書では,問題の難易度のレベル値は,レベル1から5までの5段階で評価します(レベルの段階は,学校の教科書や入試問題に応じて決めます)。

 例えば,問題1の4つの力のレベル値は,読解分析力が3(レベル値5のうちレベル値3:以下同),翻訳力が2, 目標設定力が3,遂行力が1,と評価します。そしてこれを図1のようなレーダーグラフで表示したときの四角形の面積

(読解分析力+翻訳力)×(目標設定力+遂行力)÷2

がヒューレ値,すなわち難易度のレベルになります。

 じっさいに数値を入れてみましょう。問題1のヒューレ値は,

(3 + 2)×(3 + 1)÷2 = 5×2 = 10

 そこで問題1の難易度は10となります。したがって,配点も10点で, 100点満点中の10点です。

 このように,ヒューレ値(問題の難易度)をテストの問題の配点と考えると,難易度と配点との間に整合性が生まれ,自分の得点からその問題に対する習熟度が一目瞭然でわかるというわけです。

関連記事