『黒田官兵衛―作られた軍師像』著:渡邊大門
ハダカの官兵衛

この秀吉に登用されたのが、官兵衛ということになろう。官兵衛もまた若き日の秀吉のように、機転が利き頭脳明晰な人間であったようだ。黒田家は官兵衛の祖父の代から播磨・小寺氏に仕えていたが、のちの大名家・福岡藩につながる土台を築き上げたのは、まさしく官兵衛であった。私は、官兵衛が秀吉に勝るとも劣らない能力を持っていたと思う。では、決定的な違いは何だろうか。

若き秀吉は、滅私奉公の態度で信長に仕えた。若い頃の逸話で、秀吉が信長の草履を懐で温めたというものがある。虚実は不明であるが、少なくとも秀吉は「信長様のためなら何でもやります」という態度で仕官していたのだろう。この献身的な態度が、初代ブラック社長の信長の心を射止めた。『信長公記』には、秀吉の働きぶりを褒め称える記述があるが、信長は心底秀吉を信頼していたことがわかる。

ところが、官兵衛はいささか小利口なところがあって、秀吉ほどの献身的な態度ではなかったのではないか。いわれれば指示に従うが、何となく斜に構えた様子がうかがえたように思う。面従腹背というべきか、官兵衛には今ひとつ信が置けないようなところがあったのだろう。

官兵衛は本能寺の変後、秀吉に「これで運が開けましたな」と言ったと伝わるが、じつは意外と本質を突いているのかもしれない。余計なことをいう官兵衛に対して、秀吉は答えに窮したのであろう。

本当に優秀な人間は、いたずらに上層部を批判したり、反抗的な態度を取らないものである。歴史小説などを読むと、戦国武将の「竹を割ったようにさっぱりした性格」とか「負けるとわかっていても挑んでいく潔い態度」などが礼賛されるが、あれはたぶんウソである。本当に「できる」人間は、感情を表に出さず、何を考えているのかわからない。それは今も昔も変わらないと思うし、官兵衛もそのような人間であったのではないか。

また、優秀な人間ほど上役からは警戒される。官兵衛は、二代目ブラック社長の秀吉に文句一つ言わずに仕えた。秀吉が亡くなると、官兵衛は自身の書状の中で「私(官兵衛)は上様(秀吉)に対して不足を思っていないが、世上の評判のよくない上様であった」と漏らしており、じつに不気味である。本当は思うところがあったのであろうが、本心を述べていないような気がするのだ。官兵衛は二代目ブラック社長の秀吉に仕えたものの、本物のブラック企業の幹部社員にはなりきれていない。

このように官兵衛は非常に優秀な人間であったと思うが、秀吉の次に上司となる徳川家康にはすっかり手玉に取られたようだ。関ヶ原合戦では息子の長政ともども東軍のために奔走し、ついには勝利へと導いた。また、官兵衛自ら家康に交渉し、九州で自由に戦う許可を取り、切り取った領土を自分のものにする約束を取り付けた。ところが、家康のほうが一枚も二枚も上手である。以上の約束は、すべて反故にされた。

しかし、官兵衛が本領を発揮するのは、むしろここからである。夢破れた官兵衛が着手したのは、まさしく「官兵衛伝説」の創作(?)であった。長政の遺言などに、その一端が語られているのだが、官兵衛は長政を通じて、自己伝説化を図った様子がうかがえるのだ。官兵衛は、長政を相手に自分の手柄話を連日滔々と語っていたのかもしれない。長政の遺言は、まさしく官兵衛との合作ではないだろうか。

官兵衛が意図した「官兵衛伝説」の最大の骨子は、「黒田家が本気を出したらスゴイからね」ということになる。関ヶ原で東軍が勝利を得たのは官兵衛・長政親子の貢献によるもので、仮に西軍に味方すれば西軍が勝っていたはず、という論理である。それを壮大にシミュレーションして、悦に入っているのである。もし、私が目の前で聞いていたら、思わず「ぷぷっ」と笑ってしまうかもしれない(打ち首になってしまうが)。

関連記事