北海道大学が解明!唐辛子ダイエットが
脂肪がどんどん燃え上がるいちばん安心確実な方法だった

週刊現代 プロフィール

 また、唐辛子成分を摂取するのは、朝が望ましいでしょう。人間の身体は起きてから正午まで体温が上がっていきます。脂肪を燃焼させるには、このタイミングが最適なのです。体操も同じ時間帯にやると、より効果的になります」(前出・松井氏)

 最後に、松井氏が実践した、褐色脂肪細胞を効率よく刺激する体操を紹介しよう。

(1)右足を上げ、右ひざに左ひじをタッチ。腹筋がねじれる感覚を意識する。

(2)右腕を前に伸ばし、腹筋が縮まるのを感じつつ右足と右腕を近づける。

(3)両腕を前に伸ばし、両ひじを直角にした状態で右腕を上げ、左腕を下げる。肩甲骨周辺の筋肉の動きに集中する。

(4)両腕を軽く広げて肩を上下に動かす。首・肩の筋肉の伸縮を意識しながら。

(5)両腕を前に伸ばし、手の平を上に向け、両腕を水平に広げる。脇の下の筋肉が伸びていく。

(6)両手を肩の上に置き、肩をグルグルと前後に回す。

 以上の(1)~(6)をいずれも2~3回、(1)~(3)は左右交互に繰り返す。すべてやっても、たったの5分程度で終わる。

 長年溜め込んでしまった脂肪を、この夏の終わりにホットな唐辛子でどんどん燃やしていこう!

「週刊現代」2013年9月14日号より