藤重貞慶 第4回 「不良長寿への7つの習慣と世界の長寿企業に共通する4つの秘訣」

島地 勝彦 プロフィール

藤重 わたしは直接お話を聞いたり、教授のご本を読んだりして整理した"要約メモ"をいつも持ち歩いているんです。それで「不良長寿への7つの習慣」ということを早稲田大学でお話ししました。これを続ければ健康で長生きするという原則です。

1.「不良」は仲間と出歩く。
2.「不良」のそばに女あり。
3.「不良」はゲラゲラよく笑う。
4.「不良」は丑三つ時には暴れない。
5.「不良」は能天気。
6.「不良」は何でもほどよく食べる。
7.「不良」の運動はちんたらちんたら。

立木 そのメモ貸していただけませんか。

藤重 どうぞ、どうぞ。

立木 セオ、コピーを取って、おれにくれる。

セオ 立木先生、またどうなさったんですか。

立木 おれが死んでしまってシマジがおれのことを勝手にしゃべっているシーンが、突然、頭のこの辺で浮かんだんだ。シマジに負けず長生きしないといけないといま悟ったんだよ。

藤重 たしかに奧村教授の提唱することはシマジさんにほとんど当てはまりますね。

セオ ニコチンは葉巻でたっぷり摂っていますしね。

立木 それでもシマジは大腸ガンになったり、心臓バイパス手術をやったりしていますからね。

藤重 でもこうして元気に生還しているじゃないですか。何が何でも笑ってみせるという心意気がシマジさんには生まれながら身についているんでしょうね。シマジさんはまさに"人生の達人"という感じがします。