[裏方NAVI]
中村一知(巨人・グラウンドキーパー)<後編>「内海、ファーム時代の努力」

スポーツコミュニケーションズ

選手の笑顔に感じる喜び

 13年間、ジャイアンツ球場のグラウンドキーパーを務める中村は、今や後輩を指導する側だ。だが、未だ自分の仕事が完璧だとは思っていない。「散水ひとつとっても、完璧だとは思っていません。まだまだ、です。それに『これで100%だ』と思ってしまうと、そこで成長が止まってしまいますからね。もっともっと工夫できることはあるし、良くできるはずです」

 そんな中村がグラウンドキーパーとして最もやりがいと喜びを感じるのが、練習中に選手が無意識に笑みをこぼす瞬間だ。
「選手が自分のプレーに手応えを感じて『よし!』と思わず笑顔になると、こちらまで嬉しくなるんです。もちろん、選手にとっては努力の末につかんだ自信や手応えでこぼす笑顔だとは思いますが、その好プレーを引き出す基盤がグラウンドだと考えれば、僕らの仕事も役立っているのかなと」

 中村には忘れられないひと言がある。
「どこの球場よりも、ジャイアンツ球場が一番いいね」
 現役時代にはジャイアンツ球場で汗を長し、引退後はコーチとして指導したこともある川中基嗣からの言葉だった。
「選手やコーチは、試合でいろいろな球場に行きますから、それぞれのグラウンド状態をよく知っているんです。僕たちグラウンドキーパーはジャイアンツ球場のことしかほとんど知らない。だから、他の球場と比べてジャイアンツ球場が1番と言ってもらえると本当に嬉しいんです。だからこれからも、どの球場にも負けないグラウンドを作らなければいけないと思っています」
 その目にはグラウンドキーパーとしての矜持が映し出されていた。

 セ・リーグではダントツといっていいほどの選手層の厚さを誇る巨人。その要因のひとつは、やはりファームの選手たちの質の高さにあるのだろう。いいトレーニング環境が整っているという証拠だ。グラウンドキーパーのグラウンド整備は、いわばその中核を担っている。選手や観客が去った球場にはいつも彼らの姿がある。まさに“ザ・裏方”である。

(おわり)

中村一知(なかむら・かずとも)
宮崎県出身。高校まで野球部に所属。大学1年春から巨人の宮崎キャンプで手伝いのアルバイトをしていたことがきっかけで、大学卒業後、グラウンドキーパーとして球団職員となる。今年で13年目を迎えた。
編集部からのお知らせ!