[アイランドリーグ]
高知・井川博文「150キロ超えでアピールを」

2013年注目選手に訊く Vol.3
スポーツコミュニケーションズ

驚いた糸井(オリックス)の打撃

野球を始めた時からサイドスロー。「肩のつくりが他の人と違っているので上からは投げにくかった」と明かす。

――2年目の昨季からは高知に移籍しますが、愛媛で教わったことがベースになっていると?
井川: 個人練習では愛媛でやっていたメニューを今もやっています。教わったこともノートに書くようにしていたので、時々、見返すんです。「ピッチングはバランスが大事」とか、書いた時は理解できなかったことが、高知に来て意味が分かってきました。それを、また日々の練習で意識して取り組めるので、本当に役立っていますね。

――ドラフト指名を受け、NPBで活躍するには、もうワンランク高みを目指すことが求められます。克服すべき課題は?
井川: 制球力と緩急をつけることですね。緩いボールはぜひ習得したくて、チェンジアップを覚えたら、腕を振って投げているうちに速いシンカーのようになってしまいました(苦笑)。やはり、バッターが完全に体勢を崩して空振りしてしまうような遅いボールを投げたい。そうすれば、もっとストレートも生きてくるはずです。

――このリーグでは交流試合やフェニックス・リーグなどでNPBと対戦する機会も多く設けられています。実際に対戦してみると、課題がより明確になるのでは?
井川: そうですね。やはりNPBのバッターはレベルが高い。昨年のフェニックス・リーグでは北海道日本ハムの1軍メンバーと対戦しました。すごいメンバーでしたが、とりわけ糸井(嘉男)さん(現オリックス)のスイングスピードには驚かされました。アウトローに投げて始動のタイミングが遅かったので、「これは当たってもファールだろう」と思っていたら、バッとバットが出てきて、ピッチャー返しの打球を打たれました。

――それは直接対戦したからこそ気づくことですね。
井川: しかも打球が、ものすごく速い。なんとかグラブを出して捕りましたけど、少しコースがずれたら、体に直撃していたかもしれません。「当たったら野球ができなくなっていたかも」と怖くなるほどでした(苦笑)。

――NPB行きへ定岡監督からは「もっとストレートで押せるピッチャーに」と注文されたとか。
井川: はい。だから後期はスライダーに頼らないピッチングを追求しています。スライダーを投げれば三振をとれる場面でも、敢えてストレートを選択している割合が増えていると思います。甲子園が終われば、スカウトも本格的にチェックに来ると聞いていますから、その時はストレートで凡打を打たせたり、空振りを奪えるところを見てもらいたいです。今年、MAXが149キロまでアップしました。残り試合でキリよく150キロ以上を出す。これが今の目標です。

(聞き手:石田洋之)