二宮清純レポート 千葉ロッテ監督 伊東勤 小心者だから、勝負に勝てるのです

週刊現代 プロフィール

 その分、つらい思いも味わった。投手が打たれる。ベンチに戻るや森の説教が待っていた。

「後ろからガンガン言われるんです。"なんで、あそこに投げさせたんや"とか。それが嫌で、着替えに行くフリをしてロッカーに隠れていたこともあります。ベンチには(味方の攻撃が)2死になってから戻っていました」

 ルーキーに配球のイロハを手ほどきしたのが伊東の入団と同じくして南海からトレードでやってきた黒田正宏である。

「僕にとって黒田さんの存在は、とても大きかった。"僕はこう言われたんですけど理解できません"と相談に行くと"ワシが1回、聞いといてやる"と。

 黒田さんは南海時代、野村克也さんの控えだった人。"リードは人から教わるものじゃない。自分で確立していくもんや"と、よくおっしゃっていた。その意味では黒田さんを通じて野村さんの影響を受けたと言えるかもしれません」

 これは意外だった。伊東と言えばŚ9巨人を扇の要として支えた森の愛弟子というイメージがあった。ところがリード面では、むしろ野村の影響を受けているというのだ。話は聞いてみなければわからないものだ。

 当時の西武投手陣は東尾修、江夏豊、高橋直樹など錚々たる顔触れが揃っていた。彼らからすれば伊東はヒヨッコも同然である。

「皆さん、僕にとっては雲の上の人ばかり。僕の出すサインに首をタテに振ってくれる人は少なかった」

 伊東は苦い思い出を懐かしげに振り返り、こう続けた。

「うれしかったのは高橋直樹さん。入団3~4年目頃のこと。いきなりマウンドに呼ばれ、こう言われたんです。"今日からオマエに全て任せる。オレは一切、オマエが出したサインに首を横に振らん"と。

 これは自信になりました。同時に責任感も芽生えてきました。任せてもらう以上は、結果を出さなければいけないわけですから」

 その頃、チームのクローザーだった森繁和も日に日に上達するリードに目を丸くしていた。

「高校から入った時に、根本さんが"ウチは10年はキャッチャーが要らない"と言ったくらいの好素材。体も強く、いい肩していましたよ。

 しかしリードは未熟で、こっちが首を振ることもしばしば。ただ感心したのは、首を振っても、また同じサインを出してくるんです。

 不安そうにサインを出さないから、ついにこっちもうなずいてしまうことがあった。年下だけど"しっかりしたヤツだなぁ"という印象はありましたよ」