二宮清純レポート 千葉ロッテ監督 伊東勤 小心者だから、勝負に勝てるのです

週刊現代 プロフィール

 彼に足でかき回されないためには強肩の捕手が要る。それでチームで一番肩の強かった伊東に転向を命じました。本人も"勝って甲子園に出たい"という気持ちが強かったんでしょう。特に抵抗はしませんでした」

 伊東が一躍、注目を集めたのが3年夏の熊本県大会決勝である。決勝の相手は後に西武で同僚となる秋山幸二擁する八代高。秋山はエースで4番だった。

 8回が終わり、八代が4-3とリード。だが熊工は粘る。9回2死三塁の場面で伊東に打席が回ってくる。前の打席では秋山からホームランを放っていた。

 ここで八代バッテリーは伊東を敬遠した。逆転の走者を出してでも勝負を避けたかったわけだから、彼の強打ぶりがしのばれる。

 直後に伊東は二盗に成功。続く4番打者のタイムリーで決勝のホームを踏む。強肩に加え、俊足。これだけの逸材をプロが放っておくわけがない。

 最も熱心だったのが日本球界初のGMとして知られる根本陸夫が監督兼管理部長の西武だった。伊東の2年時まで熊工の監督だった八浪知行は元西鉄の選手。根本とは旧知の仲だった。

 根本は伊東を獲得するため、熊工から西武の地元・所沢高に転校させ、球団職員にした。伊東は定時制課程だったため、卒業には4年を要したからだ。

 逆に言えば、当時、新興球団の西武にとって、そうした手法を用いてでも欲しい選手だったということだ。

 今にして思う。西武の球団職員の身分であっても、もし他球団がドラフト会議で指名したら、どうなっていたのか。

「これは、もう時効ですけどね」と前置きして伊東は明かした。

「一時期、巨人が上位指名するというウワサがありました。巨人じゃなくても西武以外の球団が交渉権を獲得したら、1年間、アメリカに行くことになっていました。根本さんは、そこまで考えていたようです」

 さすがに"球界の寝業師"の異名をとった根本である。もしも、に備えて次の策を用意していたのだ。

野村克也に教わったこと

 '81年秋にドラフト1位指名を受け、入団。監督は広岡達朗、バッテリーコーチは森昌彦だった。

 経験が重視される捕手というポジションながら、伊東は1年目から一軍のゲームに33試合も出場する。首脳陣の期待が大きかった証拠だ。