子宮頸がん 原因をめぐってこんな大論争ご存じですか

週刊現代 プロフィール

 むしろ、性的に活発な人ほどコンドームの使用率が下がる傾向もあり、そのことのほうが注意すべき要因だというのだ。

 次に男性原因説、男性がまずセックスの前にペニスをきちんと洗うようにすれば、HPVの感染拡大が防げるという主張は正しいのだろうか。本誌は複数の専門家に意見を求めたが、

「性器を洗っていても、尿道のなかまで洗えていなければ感染すると思います」(あきこクリニック院長・田中亜希子医師)

「(ペニスを洗えば)性感染症全般にリスクを軽減はできます」(産婦人科医・性科学者の宋美玄医師)と思ったほど強い肯定的な回答はなかった。

日本人だけの風習がある

 女性医療クリニックLUNAグループ理事長の関口由紀医師はこう解説する。

「ペニスを清潔にすることでリスクを軽減はできます。ペニスに限らず、お風呂に入らないで不潔にしている人の発がんリスクは高いことがわかっています。

 しかし、セックスの前に入浴するというのは日本だけの独特な風習で、世界的にはほとんどの場合、セックスの前にお風呂には入りません。日本は水がたくさんある環境だから入浴ができるのです。

 ですから、性交の前に男性が性器を洗わないことがHPV感染拡大の本質的な問題というわけではありません。繰り返しますが、もちろん、洗うにこしたことはないのですが」

 前出の堀氏はこう指摘した。

「たしかに、仮性包茎の男性の亀頭部分は組織がやわらかく、そういう組織を好んで棲みつくウイルスや病原体もいます。

 エイズの病原体HIVもそうです。エイズが猛威を振るっている南アフリカでは、男性はHIV検診を受けて陰性、つまりまだ感染していないと、包皮切除手術のチケットがもらえます。これは、包皮を切除すれば男性側の感染リスクが劇的に下がるからです。

 汚いよりきれいなペニスが健康上もマナーのうえでもいいことは確かです。

 しかしHPVに関しては、一度でもセックスをすれば、多くの人が普通に感染するリスクがあると知ること、そのうえでコンドームの使用を心がけたり、ワクチンのリスクを知ったうえで接種の判断をしていくなど、冷静に対策を考えていくことが重要なのではないでしょうか」

 俗説に惑わされ、女が悪い、男が悪いといがみ合っても意味はない。