[アイランドリーグ]
徳島・大谷真徳「第2の角中(ロッテ)を目指して」

2013年注目選手に訊く VOL.2
スポーツコミュニケーションズ

広角に打て、足も使えるバッターに

――「NPBの大きな壁」とは具体的には?
大谷: フェニックスリーグで横浜DeNAの国吉佑樹と対戦した時、彼のストレートに反応できなかったんです。四国にいるピッチャーと比べると、速さが全く違いました。ストレートに対応できなければ、変化球も打てない。「ごまかしはきかない世界だな」と改めて衝撃を受けました。

――球の速さ、キレのみならず、1軍で活躍するクラスのピッチャーは制球力もある。失投を確実に仕留めないと生き残れません。
大谷: すぐに長内コーチと話をして、バッティングの修正にとりかかりました。それまでの僕はピッチャーが投げてから始動していたのですが、これでは遅い。ピッチャーが投げだす前に、いつでも打てるように入っていくことが大切だとアドバイスをいただいたんです。フェニックスリーグの期間中は結果が出なくても、それを実践することを心がけて打席に入っていました。

――今、長内さんからは、どんなアドバイスをもらっていますか。
大谷: タイミングの取り方をよく教わっています。僕の場合、右方向に引っ張る打球が多かったので、それをショートの頭や左中間にも打てるバッターを目指して取り組んでいます。

――参考にしているバッターは?
大谷: アイランドリーグの先輩でもある角中勝也さん(千葉ロッテ)です。それからメジャーリーガーの青木宣親さん(ブルワーズ)。しっかりボールを引きつけて逆方向に弾き返せるようになれればと思いながら見ています。広角に打てて、塁に出たら足も使える。そういう選手が理想ですね。

島田監督からは糸井(オリックス)のバットをもらい、素振りに使っている。

――森山コーチは角中選手を高知時代に指導しています。角中選手にバッティングを教わる機会はありましたか。
大谷: 角中さんが昨年のフェニックスリーグに来られていた時に、森山コーチを通じて一緒に食事をさせていただきました。パ・リーグの首位打者と、アイランドリーグの一選手では、ものすごく距離がありますが、その人が四国でプレーしていたことに大きな刺激を受けました。実際にお話もさせていただいて、勉強になる面も多かったですね。

編集部からのお知らせ!