辻野晃一郎「久しぶりのヨーロッパで感じた日本の希望と現実」

ICT 2013 SpringのWebサイト

 数年ぶりに欧州を訪ねました。

 ルクセンブルク経済通商省東京貿易投資事務所のアレンジで6月19日、20日にルクセンブルクで開催されたICT 2013 Spring, Europeに参加して基調講演を行ってきました。

ルクセンブルグのフィギュア制作会社

 テーマは、How Japan should contribute to the world in the era of cloud computing として、震災後の復興遅延の様子や家電業界を始めとした産業界の苦境を概観し、クラウドコンピューティングの時代を迎えて日本は大きく変わらねばならないこと、そして、20世紀に工業製品の輸出で“made in Japan”ブランドを築き上げたスタイルやビジネスモデルとは別の発想、別のやりかたで世界貢献をして行かねばならないことを持論として展開しました。そのうえで、現在弊社で進めていること、および今後やろうとしていることについて「ALEXCIOUS」および「COUNTDOWN」、それぞれのサイト紹介も含めて行ないました。

 このイベントは、全体の来訪者が4000名ということでしたので、比較的小規模なイベントでしたが、日本からも10数社のスタートアップの若い経営者たちが参加していて頼もしく思いました。現地の投資家や起業家支援団体の人たちも含め、朝食会、夕食会などで活発な交流が行われました。

 ルクセンブルクには日本人が経営する日本食レストランは2軒のみということでしたが、25年間続けていてHenri大公もお気に入りの「鎌倉」という和食レストランを訪れ、宮前さんというオーナーとも懇談しました。世界のどこに出掛けても、現地の人たちに一目置かれた日本人が活躍している姿に接するのは嬉しいものです。

「Tsume」という社名のフィギュア制作会社も訪問しましたが、社長をはじめ、スタッフは全員欧州の外国人。東映アニメやバンダイなど、日本のライセンサーから正式に地域限定ライセンスを受けてキャラクターフィギュアの3Dモデリングと制作を行っていました。日本で言えばグッドスマイルカンパニーを小規模にしたような感じです。

 ちょうど、7月初旬のパリでのJapan Expoに向けた新作の運び出しの準備を行っていましたが、非常にクオリティの高い作品を作っていました。今や日本のアニメやコミックに大きな影響を受けて育った外国人は珍しい存在ではなくなりました。・・・・・・(以下略)

著者:ポール・クルーグマン、ジョセフ・スティグリッツ、リチャード・ブランソン、ハワード・シュルツ、浜田宏一、田原総一朗、辻野晃一郎、マッキー牧元、佐々木俊尚ほか
定価:1000円(税別)


ノーベル賞受賞経済学者ポール・クルーグマン、同じくジョセフ・スティグリッツ、バージングループ会長リチャード・ブランソン、スターバックス創業者ハワード・シュルツ、さらにはアベノミクスの守護神である浜田宏一イェール大名誉教授、グーグル日本法人元社長・辻野晃一郎、ライフネット生命副社長・岩瀬大輔ら豪華執筆陣の連載コラムとニューヨーク・タイムズの注目記事などで構成されている。企業の最前線で世界に挑むビジネスマン、グローバルな活躍を目指す学生たちに贈るデジタル・ハイクオリティ・マガジンだ。
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら