堀井雄二×安藤美冬 【第2回】
大きな転機はファミコン、徹底的に分かりやすいゲームを目指した

[左]安藤美冬さん(spree代表取締役/フリーランス)、[右]堀井雄二さん(ゲームデザイナー)

【第1回】はこちらをご覧ください。

地主神社人気の仕掛人は堀井さんだった!?

安藤: 他にはどんなことを書いていたんですか? 今の堀井雄二さんから『セブンティーン』という雑誌がつながらないんですけど(笑)。

堀井: あとは、都内の男子校の学園祭のレポートとかスケジュールとか、イモ欽トリオの「欽ドン!良い子悪い子普通の子」の記事とか。あと、今でも人気ですけれども、京都に「地主(ジシュ)神社」ってあったんです。

安藤: 恋結び、縁結びの?

堀井: 当時、すごく地味な神社だったんです。

安藤: 今ではカリスマ的な。

堀井: そこへ行くと石が2つあって、うまく歩くと恋が実るみたいな言い伝えがあると聞いて。

安藤: 今もありますよね。

堀井: そこへ取材しようということになって、記事にして掲載したら、次の週から女子高生がすごく押しかけて・・・。

安藤: すごい! 仕掛け人は堀井さんだったんですね。

堀井: そうしたら、そこの神主さんが、その週から『セブンティーン』に広告を出すようになったと聞きました。

安藤: すごい。それ今から何年前の話ですか?

堀井: もう30年ぐらい前かな。その後、今から10年くらい前に、そういえば昔、このあたりの神社を「取材したなあ・・・」と思って立ち寄ったときに、ぱっと見たら、すごく派手な神社になっていて、かなりびっくりしました(笑)

安藤: あの地主神社人気の仕掛け人は堀井さんだったんですね。石と石の間を目を瞑ってやると、恋が叶うとか。そうだったんですね。私、数年ぐらい前にやりました(笑)。

堀井: ボクが仕掛け人ということではないですが、あの記事が、きっかけになったとは思います。なつかしいですね。

安藤: ところで企画などを考えていくというのは、やっぱりもともとお好きだったんですか?

堀井: 面白いですよね、いろいろ考えるのは。

安藤: 小さいとき家から30秒先のところまでおばあちゃんに手をつないでもらっていた少年、堀井雄二さんが?

堀井: 引っ込み思案だったけど、考えることは好きだった(笑)

安藤: でも、その頃にはもうお仕事もされて。大学も、休校のあとは?

堀井: そうですね。6年生までいたんですけれども、6年までいきながら、そういうライターの仕事をやっていましたね。だから、卒論も原稿の締め切りを抱えながら書いた記憶があります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら