二宮清純レポート 楽天・捕手嶋基宏 野球センスは平凡それでもトップになれる

週刊現代 プロフィール

 しかし、この年、嶋に振り返ってみたくなるような思い出はない。野村から「リード面で成長がない」とみなされ、シーズン終盤からはベンチを温める機会が多くなっていたのだ。結局、CSでは一度もスタメンを任されることはなかった。

「もう、めちゃくちゃ悔しかったですね」

 実直な男が、珍しく感情をあらわにした。

「大事な試合でマスクをかぶれないのは、要するに監督から信頼されていないということ。だから個人的には、あの年のことはあまり思い出したくないんです」

名将に干された記憶

 名捕手あるところに覇権あり—。自らの持論に従い、野村は就任2年目、正捕手の育成に本腰を入れ始めた。とりわけ期待を込めたのが大学生・社会人ドラフトで3巡目指名を受け、國學院大から入団した嶋だった。

 担当スカウトだった後関昌彦が明かす。

「実はこの年の大学ナンバーワンキャッチャーは東洋大から希望枠で中日に入団した田中大輔でした。嶋が対抗できるのは送球の正確さくらいで、肩の強さもバッティングも明らかに田中のほうが上でした。

 しかし、キャッチャーはチームをまとめる能力など、素材や技術以外の部分も重視されるポジション。そこで"ウチの監督の下で伸びるのは嶋だろう"と思い、野村さんに推薦したんです。"バッティングは正直、時間がかかります。送球は正確ですが、肩も抜群ではありません。しかし、いい部分があります。それは無形の力があることです"と。野村さんは"本当か?"と半信半疑でしたけど、興味は持っていただけたようです」

 無形の力—。これは野村の造語である。要するに分析力や観察力、洞察力など可視化できない能力が、とりわけキャッチャーには必要だというのが、知将の考えだった。

 沖縄・久米島での春のキャンプ。野村の目に初めて映る嶋の姿は、どうだったのか。古い取材ノートを引っ張り出してみた。

「投げる、受けるはOKですね。肩も悪くない。あとは実戦でいかに使えるか。キャッチャーは実戦の中で育つもの。それを見ようかなと……」

 当時、楽天には経験を積んだ藤井彰人(現阪神)や中谷仁らがいたが"帯に短し、タスキに長し"の状況。嶋はその間隙を縫って1年目で125試合に出場した。

 打率こそ1割8分3厘と振るわなかったが、盗塁阻止率は3割6分5厘をマークし、リーグ2位につけた。

 ところが2年目の'08年は85試合に減り、3年目の'09年は先述したように、勝負どころの終盤で、めっきり出場機会が減った。日を追うごとに野村の評価も厳しくなっていった。