二宮清純レポート 横浜DeNA・内野手中村紀洋
嫌われても、笑われても自分の道を歩いてきた

週刊現代 プロフィール

 野球少年は例外なく甲子園に憧れる。だが中村は違った。大阪で野球を始めた頃からプロ志望だった。

 それでもPL学園や北陽(現関大北陽)、大体大浪商といった強豪校に進むのが筋だろう。甲子園という市場で名を売り、ドラフト指名を待つ。これがプロへの近道だ。

 しかし、中村が進んだのは渋谷という、それまで一度も甲子園に出場したことのない府立高だった。いったい、どういう意図があったのか。

「いくつか強豪校から誘いがあったのは事実です。滑り止めで受けた高校もあります。でも、最後まで強豪校で野球をやりたいという気持ちは起きなかった。

 というのも、あっちからもこっちからも評判の選手が来ているような寄せ集めのチームで野球をやったら、ケガをすると思ったんです。競争に勝たなアカンと思って無理をするでしょう。それが嫌だった。府立高なら1年から試合にも出られるでしょうし……」

 無名校なら確かに最初から試合には出られるだろう。無理をしてケガをすることもあるまい。だが、わざわざ府立高のグラウンドにまで足を運ぶ物好きなプロのスカウトなどいないのではないか。

「いや、僕は逆にそこが盲点やと思ったんです。たとえば僕がPLの選手だったとする。僕くらいの選手はようけおりますよ。ちょっと打ったくらいじゃ全然、目立たんでしょう。

 でも僕がPLと対戦してホームランでも打てば噦あれは誰や!?器となる。むしろ、そっちのほうがプロのスカウトの目に留まる確率は高いやろうと……」

やられたら、やり返す

 逆転の発想である。中村の狙いは的中した。2年夏の府予選で、彼は4本のホームランを放ち、チームを初の甲子園に導いたのだ。

「甲子園に連れていってくれたのがノリなら、負けたのもノリ」

 そう前置きして当時の監督・長谷至康(現箕面東高監督)は振り返る。

「初戦の宇部商戦、3対3の場面でサードのノリが悪送球をして一旦は勝ち越されてしまったんです。

 しかし、延長10回の1死満塁のピンチではノリが三遊間のゴロを体で止めてアウトにしてくれた。結局、次のバッターに満塁ホームランを打たれて負けたんですが、ノリは同じミスは繰り返さない。メンタルの強さを感じましたね」