話題の本の著者に直撃!野村克也
負けたとき、失敗したときにその人間の価値が決まるんです

フライデー プロフィール

 私は「失敗」と書いて「成長」と読むことにしています。負けは過信やうぬぼれを戒め、謙虚さ、素直さを教えてくれる。満足、妥協、限定は歩みを止める三大タブーですが、うまくいかなければ謙虚にならざるをえない。失敗は成功の糧とすることができる。ですから負けたとき、失敗したときに、その人間の価値は決まる。そんなときどうするか。誰よりも多くの負けを通して得てきたことが、みなさんのお役に立てればうれしいですね。

著者オススメの2冊!

『午前8時のメッセージ99話~意味ある人をつくるために~』
草柳大蔵
静新新書 1000円
社会評論、女性論など多彩な活動で知られる著者による「人づくり」のヒントが詰まった一冊。「草柳さんの本ならなんでもオススメ。私自身、無知無学だという自覚があるから、本は小説より知識を得られる本に限るね」

[新装版]活眼 活学安岡正篤
PHP文庫 1050円
物の見方、考え方について、著者の論考から抜粋した集大成的一冊。「野球評論家という肩書がついて、評論家ってなんだろうなと女房に話したら、草柳さんの家に連れて行かれてこの本を読めと言われ、大変感銘を受けた」