堀賢一 第1回 「立木さん、じつはシマジさんのおかげでわたしは東京に家を建てられたんです」

島地 勝彦 プロフィール

セオ それではまず、ネスプレッソのカプチーノを飲んでください。

 これはイケますね。こんなに簡単に作れるんですか。しかもコク深く上品な味がします。

セオ このマシンが堀さんのご自宅に1週間程度で届きます。

 本当ですか!? 女房も喜ぶと思います。有り難うございます。

シマジ 堀ちゃん、カプチーノをチェイサーにして、ここにあるシングルモルトを飲もうよ。手始めにザ・ライフシリーズのトマーティン34年はどうかな。ここにはワインは一本もないんだ。

 あんなにワイン通だったシマジさんがどうして宗旨替えをしたんですか?

シマジ 堀ちゃんと知り合ったころは、ちょうどサントリーがやっていたソムリエスクールを卒業したばかりのころで、ワインにどっぷり淫していたんだ。ところが、そのうちに韓国や中国やロシアの富裕層がワインの世界に侵入してきて、おれが飲んでいたころの5倍もするような値段になった。

 これではさすがに自分の財力ではついていけないと思って、シングルモルトに宗旨替えしたんだよ。でもシングルモルトの世界も知れば知るほど奥が深いんだね。

 ここに所狭しと並んでいるボトルは全部で何本くらいあるんですか?

シマジ 200本以上はあるかな。

 でも全部栓が開いていますね。

シマジ 新しいボトルを買ってくると飲まずにいられなくなって、必ず3杯は香りと味を確かめているんだ。

 そこがコレクターとシマジさんの違うところですね。

シマジ だって人間はいつ死ぬかわからないんだよ。

 刹那的でいいですね。いままでいろいろ飲んでみて、いちばんのお気に入りは何ですか?

シマジ それはポートエレンでしょう。

 ポートエレンはファーストリリースから飲んだんですか?

シマジ もちろん。ファーストリリースからセカンドリリース、エイスリリース、イレブンスリリースまで飲んだよ。でもファーストリリースが最高だね。