「ドクターZは知っている」特別版

意見がコロコロ変わるのはなぜか
鳩山さんの思考過程を解剖する

 今さら目くじらを立てるのも大人げないと思わせるほど、鳩山由紀夫首相の発言のブレは日常茶飯だ。子ども手当を満額支給するかどうか、米軍普天間基地の移転先をどこにするのか、口を開くたびに違う話が出てくるような気さえする。

 それにしても、なぜあれほど鳩山首相の発言は、右に左に、前に後ろに、ブレまくるのか。

 もちろん資質の問題もあろう。だがここでは、鳩山首相が政界入りする前に専門にしていた研究の影響を考えてみたい。何しろ数学の話なので若干専門用語も混じるが、お付き合いいただきたい。

 まず最初に確認しておくが、鳩山首相は日本憲政史上初めての本格的な「理系宰相」である。理系総理としては田中角栄(中央工学校土木科)、鈴木善幸(水産講習所、現東京海洋大学)がいるが、いずれもどちらかと言えば実学系。

 一方、鳩山首相は東京大学工学部で計数工学を学んだ後、米国のスタンフォード大学大学院でオペレーション・リサーチ(OR、後述)理論を研究して博士号を取得している。

 この学歴は、はっきり言って、凄い。理系トップは世界では珍しくないが(サッチャー元英首相=オックスフォード大学・化学、メルケル独首相=ライプツィヒ大学・物理、ネタニヤフ・イスラエル首相=マサチューセッツ工科大学・建築学、胡錦濤・中国国家主席=清華大学・水力エンジニアリングなど)、その中でもずば抜けている。

 何しろスタンフォードは米国でも屈指の名門校で、世界の大学ランキングでもベスト5に入る。ルース駐日アメリカ大使も同校の出身だが、ルース大使は修士号止まりだから、Ph・D(ドクター)の鳩山首相とは格が違うのだ。

 実は首相の発言がブレて見えるのは、ORが主因なのである。もっとも、その理論では、鳩山首相は自分がブレているなどとは、小指の先ほども思っていない。ここが大問題なのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら