マッキー牧元のおいしいトレンド
「いま世界の料理界で注目されている、ペルービアンとは?」

日本人にも馴染みやすいペルー料理

カクテルグラスにおしゃれに盛られた「セビチェ」〔PHOTO〕gettyimages

 ペルービアン=ペルー料理である。ペルー共和国といえば世界遺産のマチュピチュを思い浮かべる人は多いと思うが、料理については明確なイメージを浮かべられない人がほとんどではないかと思う。しかし今ペルー料理が、全世界的に注目され始めているのである

 ペルー料理は、多種多様な人種が混在するペルーで、ジャガイモと唐辛子という原産の固有種と、豊富な魚介類など使い、古来アンデスの料理にスペイン料理、日本料理、中国料理、イタリア料理などが混ざって生まれた料理である。

 ペルー料理で最も有名なのは、「セビチェ」(魚介類のマリネ)。生魚を1~2cm角くらいに切り、みじん切りにした玉葱、トマトを加え、レモンやライムをたっぷり絞って混ぜ合わせる。ここにシラントロ(コリアンダー)やパセリ、オレガノなどのハーブ、アヒ・アマリージョ(南米特有の黄色い唐辛子)などの唐辛子を加え、塩で味を整えた料理である。

 酸っぱ辛く、生の刺身を味付けしたもので、日本人にもなじみやすい料理で、ペルー本国では文化遺産となっている。

 他には、「アンティクーチョス」(串焼き料理)、チュペ・デ・カマロン(川海老のトマトクリームスープ)、ロモサルタード(醤油を使った牛肉と野菜の炒め)、タクタク(豆とお米を混ぜて炊き上げた料理)、カウサ(マッシュポテトを様々に味つけ、魚介や肉と合わせた料理)、カウカウ(コントグループ名ではなく、ハチノスとミントの煮込み)、アロス・チャラパ(鶏の炒めご飯)など、多彩な味つけ、多彩な料理法がある。

 いま日本料理も、フランス美食術、地中海料理、メキシコ、トルコ伝統料理に続いて、ユネスコ世界無形文化遺産登録への動きを見せているが、その最大のライバルが、ペルー料理であるという。・・・・・・(以下略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら