GW合併号特別企画 第3部 人生いろいろ、秀才もいろいろ行方不明になったやつもいる無職でブラブラしているやつもいる 開成、灘、筑駒 卒業30年後の「神童」たち

週刊現代 プロフィール

 新保氏の場合、仕事上で「灘卒」だと明かす機会はまるでなく、灘は自由でいい学校とは思うが、特に思い入れもないそうだ。

 人生いろいろ。どんな進学校を出ても、その先の人生は保証されない。だが、エリートコースを外れた神童たちのほうが、どこか生き生きして見えるのは、気のせいだろうか。

「週刊現代」2013年5月11・18日号より