小泉武夫 第2回 「コーヒー豆、スモークサーモン、いぶりがっこ・・・話題は燻製の香りから古代中国の"精力剤"へ」

島地 勝彦 プロフィール

小泉 普通の人には難しいでしょう。でも健康にはいいそうですね。

 人間以外の動物の尿も不思議な力を持っています。自分の縄張りを主張するのにも尿でマーキングをしますし、また繁殖期になると雌は尿に性誘引フェロモンを混ぜて放尿し、その匂いに誘われて多くの雄が目の色を変えてやってきます。そこでいちばん強い雄を選ぶために決闘させて、雌は高みの見物です。相手が決まると「では子作りをいたしましょうか」といってお尻を突き出すのです。

シマジ 人間より動物のほうが尿を有効活用しているんですね。

小泉 さきほど男の子の小便を原料にした中国のとても珍しい精力剤を紹介しましたが、じつは小便ばかりではなく大便にも性誘引物質があるのです。まあ"空飛ぶ媚薬"とでも申しましょうか。

 わたしの郷里は福島県の田舎ですが、小学生のころ春風が吹く田んぼの畦の蓮華草の上に寝っ転がっていましたら、風に乗って甘く切なくそして耽美ないい匂いが漂ってきたんです。それは肥料として田んぼにまかれた糞尿が乾いて放つ匂いであることを突き止めたわたしは、大学に入って発酵学の研究をはじめたときに、一体あの幻の匂いはどうして出来るのかを探ってみたんです。

シマジ 教授はやっぱりもの凄い好奇心の持ち主ですね。

小泉 するとわかりました。人間の大便にはインドールとかスカトールという芳香物質の前駆体<プレカーサー>があって、それが発酵微生物の作用を受けて、香しい匂いを放つことがわかったのです。

 インドール誘導体は超高級香水には必ず入っています。その匂いには性ホルモンをくすぐるフェロモンがあります。お相撲さんの鬢付け油の甘い芳香についフラフラなびく女性も少なくないそうですから、匂いというのも異性に対しての"武器"になるのです。

セオ ではこのへんでネスプレッソ・ブレーク・タイムを入れましょうか。ついでにおトイレに行かれる方は行ってください。いままで面白い話が続きましたから、刺激を受けた方は遠慮せずに行ってください。

立木 小泉教授は口に入るものから出るものまで、すべて研究なさっているんですね。

小泉 休憩時間が終わったら、スッポンの面白い話をしましょうか。

シマジ ぜひぜひお願いします。

 

〈次回につづく

 

小泉武夫 (こいずみ・たけお)食 の冒険家、農学博士(東京農業大学名誉教授)。1943年、福島県の酒造家に生まれる。醸造学、醗酵学の第一人者として大学の教壇に立つかたわら、学術調 査 を兼ねて世界の辺境を精力的に訪れる。また、作家(すばる文学賞候補にノミネート)、エッセイスト(新聞各紙や雑誌で連載中)、発明家(食物・微生物関連 で特許26件)、コピーライター、国立民族博物館の研究員など、多方面にわたって活躍。これまでに出版された著書は80冊を超える。近著には『不味い!』(新潮社)や『くさいはうまい』(毎日新聞社)、『冒険する舌』(集英社インターナショナル)などがある。
島地勝彦 (しまじ・かつひこ) 1941年、東京都生まれる。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』『PLAYBOY』『Bart』の編集長を歴任。現在、コラムニストとして活躍。著書に『乗り移り人生相談』(講談社)、『知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者』(講談社)など。Webで乗り移り人生相談Treatment & Grooming At Shimaji Salonを連載中。

島地勝彦=責任編集
マグナカルタ Vol.02
(ヴィレッジブックス刊、税込み980円)
開高健〈マグナカルタ九章〉の精神に基づいた新メディア創刊! 発行人&編集長の人脈のオンパレードである豪華執筆陣の健筆はまさに必読。第2号は「特集 新・日本人の研究」

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

著者: 島地勝彦
アカの他人の七光り
(講談社、税込み1,575円)
新こんなに楽しみながら「一般教養」が身についてバチが当たらないだろうか? 男女の機微、食にまつわる薀蓄、そしてローマの英雄の物語まで、これでもかと向上心が目を覚ます。

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。