小泉武夫 第2回 「コーヒー豆、スモークサーモン、いぶりがっこ・・・話題は燻製の香りから古代中国の"精力剤"へ」

島地 勝彦 プロフィール

セオ 食べ物の話が出たついでに、小泉先生お得意の"絶倫食"の話をお願いしたいですね。

小泉 ここにお子さんはいないでしょうね?

シマジ いません。すべて成人者の集まりです。

セオ いやいや、赤ちゃんが1人いました。

シマジ 何ヵ月ですか。

ママとパパ 9ヵ月です。

小泉 9ヵ月じゃ大丈夫でしょう。今日シマジさんと食べてきたスッポンも絶倫食の一つですが、立ちどころに効く面白いもののなかに、秋石(しゅうせき)というものがありましてね。

シマジ 秋石ですか。優雅な名前ですね。

小泉 名前は典雅ですが、原料は12歳以下の男の子の小便を集めて作る中国の王侯貴族の間だで重宝した精力剤なんです。

シマジ どうして 男の子だけなんですか?

小泉 女の子のオシッコには女性ホルモンが含まれていますから、女性化してしまってマズイのでしょう。

シマジ どうやって少年から一気に小便を集めるんですか?

小泉 権力にものをいわせ、秋の月夜の晩に100名の少年たちを宮中に集めてます。そして彼らの前で若くてきれいな女性たちが裸になって踊る。それをみた少年たちは勃起して男性ホルモンを大量に出す。それから少年たちを10人ずつに分けてタライに小便をさせる。そのタライのなかのオシッコを大きな芭蕉の葉で、うちわのようにして扇ぐ。すると次第に水分が蒸発して最後に沈殿物が残る。

 それには尿素、尿酸、各種ミネラル<塩化ナトリウム、リン、カリウム、クローム、カルシウム、クロール、亜鉛、マンガン、鉄、マグネシウム、銅、アルミニウム、ニッケルなど>のほか、じつに大切な有機体も含まれているのです。たとえばウロビリンという黄色い色素など、強精強壮に重要な役目を果たす成分が入っています。