マッキー牧元『フランス料理にもの申す~「引き算の料理」の凄み~』

ミシュラン二つ星のイカそうめん?!

 6年前、柴田書店から『親父シェフ3人 フランス料理にもの申す』という本が出た。牛込神楽坂の「ル・マンジュ・トゥー」の谷昇氏、青山「ラブランシュ」の田代和久氏、四ツ谷「北島亭」の北島素幸氏による対談集である。

 三者の共通項は3つ。1つ目は20数年以上、オーナーシェフであること。2つ目は谷氏が1952年、北島氏が1951年、田代氏が1952年という共通の年代であること。3つ目は日本のフランス料理をけん引し、個性豊かな素晴らしいフランス料理を提供し続けていることにある。

 対談といっても食の事だけではない。オーナーシェフとして一番大切なことである「長き継続」ということに向けた努力の様や考え方が述べられていて、ビジネスや経営、生き方に至るまでのヒントが詰まった本なのである。

 今回から、連続ではないが順次、東京でフランス料理を食べるなら必ずや押さえておかねばならない、この3軒を順次紹介していきたい。・・・・・・(以下略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら