「東京大学の大研究」 東大生は「頭がいい」のかPart 1 現役東大生匿名座談会

「東京大学の大研究」―第二部―東大生は「頭がいい」のか
フライデー

B タレントの高田万由子さん(42)とか、『ブルームバーグ』記者の七尾藍佳さん(34)とかもインター出身者だよね。進路は、ハーバード大学の大学院や外交官、大手商社がゴロゴロいるなど、さすがにすごい。

C 一方で、東大生なのに、本当に語学ができない人もいる。最近は、ボランティアサークルやNPO団体に所属している、〝意識高い系〟が東大にも増えてるけど、そういう人に限って、TOEICのスコアが350点ぐらいだっていうこともある(笑)。

A 先生たちも、最近は学生が二極分化してるっていうことはわかってるんじゃないですかね。僕の知り合いの都内有名進学校出身の先輩は、英語の授業にまともに出席せず、試験も受けなかった。そうしたら担当の語学の先生から「○○君、なんで試験来なかったの? もう一度受けさせてあげるから先生の研究室まで来なさい」とメールがきたらしいんです。

C ずいぶん親切な先生だな(笑)。

A 先生の研究室で、パソコンの『iTunes』から英語の音声を流して試験を受けることになった。すると、「○○君、そこは本当にBかな?」と先生が訊ねてくる。「Bだと思ったんですけど・・・・・・、Cですか?」「そう、よくわかったね。Cだ」。これで単位をもらったらしいんですが、これじゃあ小学校じゃないですか(笑)。

最高峰は『クックパッド』

B すごいね(笑)。なんでこんなに学力格差が広がるんだろう。だって、みんな入試のときは英語の勉強をしてたはずだよね?(笑)

A 推測ですけど、不況で地方の進学校出身者が減って、相対的に都内近郊の進学校出身者が増えているからじゃないですかね。開成、麻布、筑波大駒場のような都内の有名進学校出身の人たちは、東大受験をゲームみたいに捉えてる人が多いんですよね。だから、東大に入学すると、さっきの僕の先輩みたいにぱったりと勉強をやめてしまう人が多い。

B なるほどね。反対に、文系の、いわゆる〝優秀な人たち〟の進路って、今はどうなっているの? 官僚志望の人ってまだ多数派なのかな?

A 法学部なんかだと、もちろん官僚になる人も多いですけど、ロースクールができてからは、とりあえずロースクールに進学するっていう人が多いですよ。それでもやっぱり、旧司法試験に在学中に合格するツワモノも一学年に10人以上はいましたね。

C 官僚志望の人には真面目に勉強してるタイプが多いんだけど、就職する人は器用なタイプが多いよね。『ゴールドマン・サックス』や『モルガン・スタンレー』みたいな外資系金融機関だったり、『マッキンゼー・アンド・カンパニー』みたいな外資系コンサルに進む人はやっぱり多い。そういう〝就活トップ層〟は、学部に30~50人ぐらい。3年の秋にはもう内定を持っていますね。