『伊勢神宮と日本美』著:井上章一
恐竜たちと伊勢神宮

 しかし、今の神宮と古い神宮のあいだには、そうとう差異もある。神宮の社殿は、王政復古をなしとげた明治期に、荘厳化がはかられた。江戸以前の建築は、今ほど立派にいとなまれていない。

 戦国時代には、式年造替が百年間ほどとだえている。その断絶前後に、形はけっこうかえられた。もちろん、式年造替ごとに、模倣の誤差も生じよう。そのささやかなずれも、千数百年にわたってかさなれば、大きなちがいをもたらしうる。伝言ゲームのアンカーが、どういう情報をうけとっているか、考えてみてほしい。

 なるほど、遺跡の柱穴は、そのならび方が神宮のそれをしのばせる。土器や銅鐸の絵図も、神宮の姿をほうふつとさせないわけではない。しかし、似かよっているとは言っても、おおよそのところがそう見えるだけである。神宮から、棟持柱をもつすべての高床建築を想像するのは、無茶だろう。

 遺跡の柱穴は、しばしば神宮の柱位置とつながりうる。考古学の絵画資料も、神宮めいた建物のあったことを、しのばせる。ここまでは、そう書いてきた。

 しかし、同じような建物なら、フィリピンにもある。インドネシアやニューギニアでも、見いだせる。東南アジアの島々では、しばしば散見する民族建築の一類型に、ほかならない。日本だと、神宮ぐらいにしか、この形はのこっていないだろう。だが、世界に視野をひろげれば、今でもあちこちで目にすることができるのだ。

 ひょっとしたら、弥生古墳期の棟持柱付高床建築は、フィリピン風だったのかもしれない。あるいは、インドネシア風だったという可能性もある。

 もちろん、そうきめつけられる決定的なあかしは、どこにもない。私は、日本文化が成立する前の日本列島を、国際的に位置づけたいと思っている。その意味では、東南アジアとのつながりをとく一派に、共感をいだく。しかし、それが論証できるわけでは、けっしてない。

 このほど文庫化された『伊勢神宮と日本美』(講談社学術文庫)は、両派のさやあてをおいかけている。国際派へのひいき目はあるが、おもしろい読みものになっているはずである。

(いのうえ・しょういち 国際日本文化研究センター勤務)

 
◆ 内容紹介
節ひとつない檜材で20年ごとに建て替えられてきた伊勢神宮。その清浄で質素で力強い姿は、日本人の魂の原風景である。伊勢神宮こそが、「日本古来」の建築の原型であるとの主張がなされてきた。明治以降、国家神道となったことにより、その言説はますます強くなった。現代でさえ、古代住居の復元時に伊勢神宮にその形を求めることもある。江戸から現代に書かれた資料を徹底的に読みとき、神宮の本当の姿を解明する。
 
井上章一(いのうえ・しょういち)
1955年生まれ。京都大学工学部建築学科卒業。同大学院修士課程修了。現在、国際日本文化研究センター教授。建築史家、評論家。 著書に、『霊柩車の誕生』、『つくられた桂離宮神話』(サントリー学芸賞)、『南蛮幻想』(芸術選奨文部大臣賞)、『美人論』『法隆寺への精神史』『愛の空間』『日本に古代はあったのか』『妄想かもしれない日本の歴史』、など。

関連記事