2013.04.16

長嶋茂雄と松井秀喜 国民栄誉賞ダブル受賞 この違和感は何だろう 何かちょっと違う気がするんだけど

週刊現代 プロフィール

 松井は受賞を受け、こう述べている。

「今後、数十年の時間をかけて、この賞を頂いても失礼ではなかったと証明できるよう、これからも努力していきたい」

 松井の人生には第二、第三の可能性が広がっている。その未来を「国民栄誉賞の価値」を証明するために費やすことが、松井の望みではなかったはずだ。こんな皮肉があるだろうか。

「週刊現代」2013年4月20日号より

関連記事