独占インタビュー 大谷翔平 打撃コーチは気が付いた

週刊現代 プロフィール

「『配球を読みすぎるな』と言っています。『待つんじゃなくて、若いカウントのうちに打ちにいこう』と。というのも、彼は非常に賢い。たとえば、『追い込まれたら変化球』なんてことをすでに読むことができる。でも下手に読み過ぎると、打撃そのものの成長に影響してしまいそうなので。今は、変に大人になりすぎなくていいよ、と」

 今は一軍で主に「打者」としての起用が続く大谷だが、差し当たって大谷に課せられている課題は、「打つ」だけではない。彼が「二刀流」を実現する上で避けて通れないのが、野手としての「守備」だ。

 大谷は開幕以降、外野手として守備にもついている。そこで続いて、大塚光二外野守備走塁コーチにも話を聞いた。

「今のところ、センターを務める陽岱鋼を『トップレベルの外野手』とすると、翔平は『いい外野手』と言ったところかな。特に打球への判断に関しては、かなりレベルの高いことをやっている。いやあセンスありますよ」

 試合中、ベンチの大谷は、イニングの合間に必ず、大塚コーチや陽らとしきりに会話を繰り返している。

「打撃コーチや投手コーチも同じこと言うと思うけど、やっぱり理解力が高いんですよ。選手にも二通りあって、口を酸っぱくするほど言ってようやく理解するタイプと、ちょっと声をかけたら次には体現できちゃう選手。大谷は、後者ですね。たとえば(大谷が守るライトの)隣(センター)の陽を見て学んで、僕の指摘を理解しようとして、それを試す。で、できちゃう。普通はね、なかなかできないものなんですけどね」

 もちろん、まだ1年目だ。高校で多少守った経験はあるものの、外野手も当然「本職」とは言えない。しかも、こうしてシーズンが開幕し、スケジュールが進んでいく中で、「二刀流」の課題が、どんどん増えてきているのも現状だ。

「たとえば送球に関しても、この間『投げていて腕が遅れてくる感じがある』と言うんです。確かに送球は腕が出てくるのが遅れると、球が抜けたりシュート回転がかかったりしてよくない。でも、それは投手としてはボールにパワーが加わっていい効果になっている可能性もある。

 直すべきかどうか。翔平には何が合うのか。本人がいろんな方法を理解し、なおかつ負担がかからないような選択をしていかなくてはならない場面が、今後もいっぱい出てきそうです」