長谷川幸洋 ニュースの思考法「経済ニュースとは何か」

人はなぜ経済ニュースを読むのか

 新聞を開いて、あなたは最初にどのページから読み始めるだろうか。第一面か、後ろの社会面か、あるいはテレビ欄か。ビジネスの第一線で働く社会人なら「経済面から」という人もいるはずだ。日本には、日本経済新聞という経済ニュースを売り物にした新聞もある。それくらい経済ニュースへの需要は高い。

 だが、ここで根本的な問いがある。なぜ人々は経済ニュースを読むのだろうか。

 正直に言うが、私はかつて経済ニュースにまるで興味がなかった。新聞社に入って地方支局から本社に上がってきたときに、たまたま経済部に配属されてしまったために経済面を読むようになったにすぎない。自分自身が関心がなかっただけに、人はなぜ経済記事に興味を持つのか、そこからよく考えてみないと話が始まらないと思うのだ。

 読者には、おそらく「ナマの経済の動きを知りたいから」という答えがあるだろう。ずばり「カネ儲けがしたいから」という人もいるに違いない。いずれにせよ、役に立たない新聞に読者はつかない。

 だから、日本だけでなく米国にも欧州にも経済専門紙が存在するという事実は「経済の動きをつかんで、自分の仕事(あるいは生活向上)に役立てたい」というニーズがあることを示している。それは確実だ。では、経済記事を読むとどう役立つのか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら