Photo by iStock

食べるだけでは満たされない絶妙で皮肉なしくみ『食欲の科学』

ときに「魔物」となるのはなぜか?

「前書き図書館」メニューページはこちら

ときに「魔物」となる食欲の謎に第一人者が迫る!

 脳は体重を一定に保つべく、食欲を巧妙にコントロールしている。しかし、ヒトはときに自分の食欲を制御することができなくなってしまう。食欲を「魔物」に変えるのもまた、脳なのだ。脳内で食欲がつくり出されるしくみを脳生理学のトップランナーが解き明かし、「ヒトの食欲」のメカニズムに迫る。

はじめに

 すべての動物は、食べなければ生きていくことはできない。そして、子どもにも献身的な努力をして、食べ物を与えている。

 私たち人間も、自分が「食べる」ため、そして家族を「食べさせる」ために仕事に励んでいる。人と人とのつながりをとりもつにも食べ物は不可欠だ。人をもてなすとき、それは食事によってなされることが多い。バレンタインデーでは愛する人に甘いチョコレートを贈る。デートでも食事はひとつのキーポイントだ。食は愛情と深く結びついた、やさしさの象徴でもある。

 中原中也の「別離」という詩は別れのつらさをうたった作品だが、その中に次のような一節がある。

  何か、僕に、食べさして下さい。
  何か、僕に、食べさして下さい。
       きんとんでもよい、何でもよい、
       何か、僕に食べさして下さい!

  いいえ、これは、僕の無理だ、
       こんなに、野道を歩いてゐながら
       野道に、食物、ありはしない。
       ありません、ありはしません!

 愛するひととの別れという絶望的な状況で、食べ物を与えられることは救いであり、恵みである。食べ物こそ情愛の象徴であり、それが得られないことを悲しみと絶望の象徴として痛切に描いている。

 ヒトにとって、生物にとって、食べ物は生きるために必須のものであるがゆえに、食物とは特別のものであり、なによりもの「報酬」なのである。

 大自然ではいまも、おごそかな自然の営みがなされている。弱肉強食の野生の世界で生き残るためになさなければならないことはたくさんあるが、何はなくともやらなくてはならないのが「食べる」ことだ。

 昔から動物にとって、いかにして食にありつくか、ということが生き抜くうえでの最重要課題だった。ペットを飼っている人は、餌をあげるときに彼らがどんなに喜び、興奮するかを見れば、動物にとって「食」がどれほどの意味をもっているかがわかるだろう。

 長い進化の歴史を通じて、生物はつねに飢えにさらされてきた。本書で読み解いていく「摂食行動の制御システム」は、飢えによく対応できるよう必然的に進化したものである。生物にとっては飢えをしのぐことこそが、地球に誕生して以来の最大のテーマだったからである。

 だがその一方で、進化をきわめた人類はいま、飽食の時代を迎えている。皮肉なことにそこでは、飢餓の時代に対応してきた生体システムがうまく対応できず、肥満とそれに伴うメタボリックシンドロームの脅威が先進国を中心に広がりつつある。

 また、生活スタイルや価値観の多様化のなか、神経性食欲不振症(いわゆる拒食症)をはじめとする摂食障害に苦しむ人も増加傾向にある。

 初めて飢えを克服した生物であるヒトにとって、食欲はただ空腹を満たせばすむ欲求であるだけでなく、非常に複雑な要因から生み出され、あるいは抑制されてしまうものへと変質をとげたのである。